病気やケガの入院について備えたい

病気やケガの入院に備えて医療保険の保障内容をしっかり比較して選びましょう

医療保険に入る前に確認しておいた方がいいことがあります。それは、公的医療保険制度です。病院で診療を受けると自己負担額は通常3割となります。その他にも高額療養費制度というものもあります。また、勤めている会社で医療費の一部を負担してくれる会社もあります。それらの制度を整理し本当に必要であれば医療保険の加入を考えてみましょう。

ご存知ですか、高額療養費制度

公的健康保険の制度のひとつに、高額療養費制度という制度があります。一言で言うと、毎月の医療機関や薬局の窓口で支払った金額が一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給してくれる制度です。詳しくは厚生労働省のホームページでご確認いただければと思います。厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/

医療保険でどのくらい準備すると安心ですか?

それでは、どんな医療保険に加入すればいいのでしょうか。上記のような高額療養費制度を利用すると毎月の医療機関や薬局の窓口で支払った金額が一定額を超えた場合にその金額を支給してくれます。それ以外の費用を準備できれば、ご安心いただけるのではないでしょうか。また、高額療養費制度に該当しない部分の費用(差額ベッド代、食費、雑費など)についてどれくらい保険で備えておいたら安心できるでしょうか。「最低限保障があれば安心」という方もいれば「すべて保険で賄いたい」という方もいらっしゃいます。安心できる医療保険の給付金額はひとそれぞれ異なります。迷われたら保険ショップへお越しいただき自分に合った医療保険を見つけましょう。

医療保険を選ぶポイント

医療保険を選ぶ際のポイントとしては、どんな状況の時が心配なのかを考えながら選ぶといいでしょう。例えば今後高齢になったときの入院が心配なのであれば一生涯保障してくれる終身タイプ医療保険。そうではなく例えば子どもが大きくなるまで、などの一定期間保障してくれる医療保険が良ければ定期タイプの医療保険を選ぶといいかもしれません。その他にも入院日額をいくらにすればいいのか、特約として何を付加すれば安心なのかなどいろいろポイントはございます。ただ、長いお付き合いとなるだろう医療保険なのでひとつひとつ納得してご加入いただきたいと私どもは考えております。ぜひ保険ショップでご相談ください。また、通信販売ではお電話での相談も承っております。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野