一人で子育て。自分に何かあったら子供はどうなるんだろう

単身世帯での子育てに大切な生命保険について考えてみましょう

子どもを一人で育てている「シングルマザー」や「シングルファーザー」にとって、自分がどのような状態になったとしても、きちんと子どもの将来を守っていくという準備が必要となるでしょう。では、どのような準備をすれば良いのでしょうか。

教育費の準備

もし、自分に万が一のことがあった時、子どもが社会人になり自立できるまでの教育費の準備は必要になると考えられます。預貯金や学資保険を使い準備される方が多いですが、それぞれのメリット・デメリットをきちんと理解されてからご検討下さい。

自分が病気などで働けなくなった時の準備

もし、自分が病気やけがで入院・手術をしなくてはならなくなった場合、仕事を休まなければいけなくなるかもしれません。また、治療費もかかってきます。そのような時のために準備されるのが「医療保険」になります。

また、治療が長引いてしまった時は、医療保険だけでは準備できない場合もあります。なぜなら医療保険は基本的に入院や手術をしなくては給付金を受け取ることができないからです。入院も手術もせず、仕事もできず治療をしなくてはいけない時。このような時は「就業不能保険」で準備されるのも良いかもしれません。ただし、保険会社により就業不能状態についての定義が異なります。就業不能状態とはどんな時のことを指すのかをよくお調べになられてご検討いただければと思います。

まずは子どものためにも、自分のためにも何を準備したら良いか考えてみてください。もし一人では分からないという場合は、保険ショップなどの利用もご検討されるのも良いかもしれません。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野