働けなくなったら家族はどうなるんだろう

ご家族のために就業不能保険について考えてみましょう

病気や事故による就業不能

安定した生活を送るには、一定の収入を維持しておくことが大切です。結婚して家族を持つと、子どもの養育費や食費、家賃、光熱費などさまざまな面でお金が必要になります。安定した収入や十分な貯蓄があれば問題ないのですが、病気やケガで家族の収入が途絶えた場合、家族に負担をかけてしまうこともあるでしょう。

このような事態を防ぐための一つのポイントとしては、普段から健康的な生活を送ったり、食生活に気をつけたり、病気にかからないように注意を払うことが大切です。しかし、事故など予測が難しいものに関しては予防や対策が難しく、保険に加入する等して経済的ダメージに備えると良いでしょう。
また、どれだけ普段から健康に気をつけていても病気にかかるリスクをゼロにすることはできません。そのため、事故だけでなく病気になったときのことも想定して、しっかりと準備しておきましょう。

就業不能保険で予期せぬ事態に備える

病気をしたり事故に巻き込まれたりしても、家族に経済的な負担をかけないためには、しっかりと貯金をしておくことと、保険へ加入することが有効です。
特に就業不能保険に加入すると、経済的リスクにはある程度備えることもできます。
就業不能保険の特徴の1つとして、病気やケガにより収入が途絶えても月々まとまった金額を給付金として受け取ることができます。
一般的な医療保険が医療機関での入院を前提としているのに対して、就業不能保険では、自宅療養でも給付金を受け取ることができます。

就業不能保険の給付条件の多くは、「医師からの入院・自宅療養を指示されており、医学的見地に基づいて6ヶ月以上の療養が必要と判断されている場合」のように定められています。その条件を満たして半年以上の療養が必要になった場合、契約時に決めた金額を受け取ることができるので、経済的に困難な事態を避けられるでしょう。
家族のためにも、就業不能保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野