電話での保険相談は、
店舗にてお受けしております

店舗一覧へ

現在通院中でも保険に申し込める?

通院中でも加入しやすい保険について紹介します

通常、医療保険に加入する際には、持病の有無や健康状態などを保険会社に告知しなければなりません。告知した内容をもとに、保険に加入できるかどうかを保険会社が判断します。持病をお持ちの方、入院・手術歴がある方、通院中の方などは、加入を断られる場合があります。
だからといって、持病や入院歴などを偽って告知すると、後にそれが発覚した際告知義務違反となり、保険金・給付金を受け取ることができなくなる場合があります。ですから、病歴がある、通院中であるといった情報は隠さず正直に告知することが大切です。

誰でも加入しやすい無選択型保険

通常、ケガや病気で通院中の方は、保険への加入が難しいといわれています。
特にうつ病などの精神疾患やがんで通院中の方は、加入時の条件をなかなか満たすことができません。そういった方向けに登場したのが、告知なしで加入できる無選択型保険と呼ばれる保険です。
しかし、無選択型保険は健康状態に不安がある方向けの保険とされており、保険料が一般的な保険よりも割高となっています。そのため、無選択型保険に申し込む前に、ほかの保険に加入する方法がないかどうかを保険会社や保険ショップなどで相談しましょう。状況によっては、一般的な保険に条件付きでの加入や、引受基準緩和型保険に加入できる可能性があります。

特別条件付き保険や引受基準緩和型保険とは

通院中の方も、条件次第で、一般的な保険に加入できる場合があります。たとえば、特定疾病不担保や部位不担保を条件として保険に加入する場合です。特定疾病不担保・部位不担保とは、保険会社が指定した疾病や部位の病気やケガについては保障対象外となりますが、それ以外は通常のプラン通り保障するという制度です。
また、引受基準緩和型保険と呼ばれる医療保険もあります。これは、保険加入時の引受基準が緩いため、加入しやすい保険となります。
このように、通院中で健康に不安がある方でも、保険への加入が不可能とは限りません。まずはさまざまな保険会社の保険商品を検討し、加入できるプランがあるかどうか検討しましょう。

お問合せ・ご相談はこちら 営業時間 9:00~17:30 通話料無料 0120-497-721
お電話でのお問合わせ・ご相談はこちら