同年代の友人が病気で亡くなりました。自分にも同じことが起こらないか不安です。

自分が亡くなった後のご家族の生活について考えてみましょう

生活するのに必要な費用を考えてみましょう。

例えば、40代の既婚者でまだ幼稚園や小学生の子どもがいるときに自分が亡くなった場合、子どもたちが成人するまでに必要な生活費や教育資金をまかなえるだけの保障が必要となるでしょう。一方、子どもが既に独立しているなら、自分が亡くなった後に必要な費用は配偶者の生活費が中心となると考えられますので、配偶者が生活に困らない保障が必要となるでしょう。

このように、家族構成や家族のライフプラン、性別、現在の収入などによって、保障額は異なります。今現在ご家族にとってどのくらいの生活費などが必要なのか、また10年後ご家族にとってどのくらいの生活費などが必要なのか考えてみましょう。また、生活費などの費用を計算するのが大変な場合は保険ショップを利用することも検討してみましょう。

保険ショップの活用

保険ショップでは、自分が亡くなった後どのくらいの費用がかかるのかもシミュレーションすることができます。具体的な金額のイメージができましたら、必要に応じて保険についても考えてみましょう。さまざまな保険商品の取扱いがある保険ショップでは保障内容について比較検討を行うことができます。自分や家族に合った保険選びができるでしょう。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野