親の死に直面、意外にお金がかかることを知り不安になった

自分が亡くなった場合、どのくらいのお金が必要なのか考えてみましょう

親が亡くなることはとても悲しいことですが、現実には亡くなったことへの連絡やお葬式についてなど次から次に決めていかなくてはいけないでしょう。その中にお金の問題も出てきます。自分が亡くなった後残された方がせめてお金では困らないようにするためにはどうしたらいいか考えてみましょう。

亡くなった時にどんなお金がかかるか整理してみましょう

人が亡くなった際に、必要となるのは一般的に「葬儀費用」「車や遺品などの整理費用」「お墓の費用」などと言われています。しかし、実際にどのくらいの費用がかかるかは人それぞれです。また地域によっても費用が異なりますし、働き盛りの時に亡くなるのか引退後に亡くなるかによっても葬儀に参列いただく人数の差からかかる費用が変わります。現在は自分が亡くなる前に葬儀をしてくださるところやどのようなコースにするかを考える方もいらっしゃいます。定期的に葬儀場を訪れて、どのくらいかかるのかを確認するのもいいでしょう。

いざという時にご家族が困らないように準備しましょう

では、亡くなった時にかかる費用はどのように準備したらいいのでしょうか。ひとつは貯蓄です。亡くなった時にかかると予想される費用を算出してまとまった金額を銀行や郵便局などに預けておく方法です。ただし、この場合は名義人の方が亡くなられると貯金(預金)は相続人全員の同意が得られるまで凍結され引き出すまでに時間がかかります。もうひとつは保険を利用する方法です。生命保険(死亡保険)ですと、亡くなられた際に加入時に決めた金額を貯金(預金)の凍結とは無関係に保険金受取人がすぐに受け取ることができますので、残されたご家族にとって利便性が高いです。

結婚されている方、子どもがいる方または独身の方も自分が亡くなった場合に残されたご家族が困らないように自分が亡くなった場合、どのくらいの費用が必要なのかそのためにどのようにお金を工面すればいいのか考えてみましょう。保険ショップで相談されるのもいいかと思います。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野