電話での保険相談は、
店舗にてお受けしております

店舗一覧へ

子どもが独立したので保障について考えたい

まずは、加入中の保険について内容を確認してみましょう

子どもが独立した場合、大きく変わるのは生命保険(死亡保障)だと考えられます。まずは現在加入中の保険の内容を確認し、何のためになぜこの保険に入ったのかを思い出してみましょう。それがもし子どもの為に加入した、もしくは子どもが大きくなるまでに必要だから加入したのであればもしかしたらもう役目を終えているかもしれません。

生命保険(死亡保険)を考える

生命保険(死亡保険)とは、被保険者が亡くなられたときに死亡保険金をご家族が受け取ることで残されたご家族が金銭的に困らないように加入する保険です。
あまり考えたくない話ですが、もしも被保険者様が亡くなられた場合誰が困るのか、どのくらい残せば生活できるのかを考えてみましょう。
今回は「子どもが独立した」ことが前提となる為、もしかしたら当初考えていたほど生命保険(死亡保険)は必要なくなっているかもしれません。その場合は生命保険(死亡保険)の保険金額を減額できるか保険会社に確認してみましょう。

医療保険を考える

年齢を重ねるほど、病気やケガのリスクは高まる傾向にあります。今後どういったリスクがあるかを想定し、既に加入している保険がある場合は、病気やケガのリスクをどこまでカバーできる内容なのかなど保障の範囲をきちんと確認することが重要です。
保障の範囲を確認したうえで、今の保険で大丈夫であればそのまま継続していただければいいですし、不安であれば新しい保険への加入も考えてみるといいでしょう。

介護保険を考える

自分がもし介護が必要になってしまった場合、ご家族にかかる負担がどのようなものか一度考えてみましょう。
いざ介護が必要になった場合、誰かに世話をしてもらうことになると思います。介護者になってくれるであろう方の体力や精神面。介護サービスを利用されるのであれば、サービスの内容やそれにかかる費用等介護者となる方にかかる負担は軽いとは言えないでしょう。高齢化社会となった今、介護者の為にも経済的備えについても考えておくことが大切です。

生命保険分野

*医療保険には損害保険会社の商品と、少額短期保険会社の商品も含まれています。がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野

*火災保険には少額短期保険会社の商品も含まれています。

生命保険分野

*医療保険には損害保険会社の商品と、少額短期保険会社の商品も含まれています。がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野

*火災保険には少額短期保険会社の商品も含まれています。