おうちで気軽に ほけんの窓口 オンライン保険相談

過去にがんと診断されたけれど保険に加入できますか?

過去にがんと診断されたことがあっても、加入できる場合があります

厚生労働省「平成30年人口動態統計」によると三大疾病の一つである「がん」は、死因第1位の病気です。そんな時代だからこそ、がんで入院・手術が必要になったときのために、保険でしっかり備えておくことをおすすめします。ただ、一般的にはがんと診断された方は保険に加入しにくいという現実もあります。

厚生労働省「平成30年(2018)人口動態統計(確定数)の概況」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei18/index.html

では、過去にがんと診断された方は、もう保険に新規加入したり保障内容を見直したりすることはできないのでしょうか?そんなことはありません。たとえ過去にがんと診断されたことがある方でも、条件によっては、保険に加入できる場合があります。

医療保険や生命保険(死亡保障)への加入

がんは、転移や再発のリスクが高い病気です。そのため、一度でもがんの診断を受けると保険の加入がしにくくなります。しかし近年では、最後にがんの治療を受けてから、一定期間が経過すれば加入できる保険商品も増えてきました。その多くは5年間がんの治療や投薬、検査を受けていないということが条件の一つとなっています。この保険は、引受基準緩和型保険と呼ばれるものです。
通常の保険よりも保険料は割増されていますが、万が一の場合の死亡保障や既往症で入院・手術が必要になった場合の医療保障を受けることができます。がんが再発・悪化した場合も保障を受けることができるので、がんの転移や再発の備えとして検討してみてはいかがでしょうか。引受基準緩和型保険の加入条件は保険会社や保険商品により異なりますので、加入の際は条件を満たしているかしっかり確認することが大切です。

がん保険への加入

がん保険は、がんと診断されたときや、がん治療のために入院・手術を受けたときなどに、手厚い保障が受けられる保険です。通常の医療保険と同じく、がん保険も、過去に一度でもがんの診断を受けた方は加入できないのが一般的です。ですが、一部の保険会社では、がん治療完了後一定期間が経過した方が加入できるがん保険を販売しています。ただし、保障内容が通常のがん保険より制限されることもありますので、保障内容をよく確認することが大切です。

ほけんの窓口では、過去にがんの経験がある方が検討できる保険商品を紹介しております。治療完了時期や現在のお客さまの状況によっては、ご案内できる保険商品もございますので、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ・ご相談はこちら 営業時間 9:00~17:30 通話料無料 0120-497-721
お電話でのお問合わせ・ご相談はこちら