女性がかかりやすい病気ってどんなものがあるんでしょう?

女性特有の病気が不安な方におすすめしたい保障があります。

あなたの身近な友人や親戚に、婦人科系の病気にかかった方はいませんか?
女性が病気になって入院や手術が必要になると、病気そのもの以外にも、仕事、家事、育児、日常生活など、さまざまな面で不便や不安を感じることがあります。そんな女性ならではのリスクに備えたい方には、女性向けの医療保障プランがおすすめです。

備えておきたい保障や特約

女性向けの医療保険には、独特の保障があります。その中でも、いざというときに備えておくと安心できる保障内容をいくつか見てみましょう。

特定の病気で入院したときの保障の上乗せ

子宮の疾患など、女性特有の病気で入院・手術した際に、入院・手術給付金を上乗せできる特約があります。子宮や乳房の病気は年々発症する年齢が下がってきているといわれています。早いうちからこういった保障を検討してみてはいかがでしょうか。

日帰り手術への保障

軽度の病気やケガの場合、入院を必要としない日帰り手術が行われる場合があります。仕事や家事に穴を空けたくない方にとっては助かりますが、一般の医療保険では、給付金を受けるためには「入院」が条件となっていることがあります。そのため、仕事、家事、育児のためにできるだけ入院を避けたい方は、医療保険に日帰り手術に伴う入院の保障を特約で付けたり、主契約に日帰り手術に伴う入院に対する給付が含まれている保険商品を検討してみましょう。

先進医療への保障

先進医療*とは、厚生労働大臣が定める高度な医療技術を用いた治療です。子宮頸がん、卵巣がんなど、女性特有の病気の治療に有効なものもあります。婦人科系の病気にかかったときの治療の選択肢を広げるためには、先進医療への保障を付けることをおすすめします。

*先進医療とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日において、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)をいいます。具体的な先進医療技術やその適応症(対象となる病気・ケガ・それら症状)および実施している医療機関については変更されることがあります。詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

個室使用料など、入院時の諸費用に対する保障

急な入院で個室に入ることになったり、入院中に家事代行サービスを依頼したりといった諸費用をカバーできる特約は、家事や仕事を頑張る女性の入院生活をサポートしてくれます。療養中も家に残してきた家族が心配という方におすすめです。

女性特有の病気に備えたい。という女性は多くいらっしゃいます。一口に女性特有の病気といっても保険商品によって保障範囲は異なります。詳しい内容を知りたい方はお近くの保険ショップもしくは通信販売にご相談されてはいかがでしょうか。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野