うちはがん家系なのでがんが心配

がんは遺伝性の病気というより生活習慣病のひとつです。誰でもかかる可能性があります。

がんは種類によって遺伝性があるものもあるそうですが、一般的には生活習慣病のひとつとも言われています。遺伝性というより誰にでもかかる可能性がある病気です。今後の備えとしてがんに罹患した時のことを考えてみましょう。

がんは誰にでもかかる可能性のある病気です

厚生労働省「平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況」によると、平成26年の死亡数を死因順位別にみてみると1位悪性新生物、2位心疾患、3位肺炎、4位脳血管疾患となっています。特に悪性新生物に関しては増加傾向にあり昭和56年以降死因順位は1位となっています。
男性は肺がんが1番多く、女性は肺がんと大腸がんが多いようです。
(出典:厚生労働省「平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況」
(http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai14/

健康診断を受診して早期発見、早期治療に努めましょう

がんは遺伝する確率よりも、その後の生活習慣により罹患する確率のほうが高いといわれておりますので、日頃から健康的な生活を心がけ、がんの原因になりそうなことは極力避けていきましょう。また記載させていただきました通り亡くなる方も多い病気ではありますが、年に1回の健康診断などを上手に利用してがん検診も積極的に受けられてはいかがでしょうか。早期発見、早期治療であれば治療後も今と同じ生活ができる可能性が上がるといわれています。

もしもがんだと診断されたら

がんの主な治療方法としては放射線治療や化学療法、外科手術がありますが、その治療が長期に渡った場合はがんの治療費が高額になる場合もあります。
そのような場合に、健康保険の高額療養費等の公的な制度を利用するほかに、がん保険に加入していると、経済的な負担が軽減され、安心して治療を受けることができるのではないでしょうか。また、がん保険は各社から多くの商品が発売されております。保険ショップをご利用いただき自分や大切な方ががんに罹患された場合どのような治療を受けたいのか、また受けさせたいのか考えながら必要な保障をご検討いただければいいかと思います。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野