若くて健康なうちに保険に入っておいた方がいいんだよね

そうですね。一般的には健康状態でご検討いただける保険種類が変わりますし、若い方が保険料を抑えることができます。

若くて健康なうちはよほどのことがない限り保険について考える機会も少ないと思います。でも、親や会社の上司など周りの方は「早く入った方がいいよ」と言われることもあるかと思います。なぜなのでしょう。その理由を見てみましょう

なぜ若い時の方が良いのでしょうか。

その理由は、保険会社に支払う保険料はご契約時の年齢によって異なるからです。保険商品ごとに年齢・性別によって保険料は異なりますが、基本的には同じ保険会社の同じ保障内容であった場合若い時の方が保険料は安い傾向にあります。数十円、数百円の差であっても毎月、長い間保険料を支払うことを考えると総保険料に差が出ます。 このため、若い時に保険に加入するのがいいと言われています。

なぜ健康なうちに保険選びをする方が良いのでしょうか。

その理由は、健康なうちのほうが多くの保険商品からお選びすることができるからです。医療保険や生命保険などの保険は、ご加入の際に自分の健康状態を告知する義務がありますので、その時の健康状態によってはご加入の制限がでてしまう可能性があります。そのため、保険の加入は健康な時にしておいた方が良いのです。

また、年齢を重ねるごとに病気になるリスクは高まりますので、この点からも若くて健康なうちに保険に入っておいた方が良いと言われております。
ただ、やみくもに保険に加入しておけばよいということではありません。自分が将来に向けて心配なことを想像して下さい。その上で、必要と思われる保険をまずは検討されてはいかがでしょうか。
保障の内容がよくわからない場合はお近くの保険ショップや通信販売で相談されると良いかと思います。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野