知り合いが、ガンにかかりました。お金がずいぶん必要だと聞いたけど本当?

がんは治療が長引く可能性のある病気です。その分お金が必要になる傾向にあります

がんは早期発見であれば入院期間も短く大きなお金は必要ないかもしれません。しかし、治療が長引いた場合は治療方法にもよりますがそれなりに大きなお金が必要になる可能性があります。
自分ががんになった時にどのような治療を望むかも含めて一度考えてみましょう。

がんについて

日本人の死因の中でも、常に上位にいるがん。医療技術が進化して早期治療で完治するようになったとはいえ、今でも多くの人々ががんで亡くなっています。
がんは、あらゆる人にかかるリスクのある病気です。健康なうちに、しっかりと治療費や治療方法について事前に調べておくのもいいかもしれません。また、がんにかかった際の治療費を準備するために、健康保険の高額療養費制度は、ご家庭の収入によって自己負担額が異なってきますので、自己負担額の確認をしてみるといいでしょう。その他にも医療保険の保障内容を改めて確認したり、場合によってはがん保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

がんの治療にかかる費用

がんの治療方法には、手術・化学療法・放射線の3種類が多くみられます。治療費の負担についてはこれらの治療方法が公的医療保険制度の対象になるのか、ならないのかがポイントになってきます。公的医療保険が適用されるのは、手術代・検査代・薬代などの費用です。保険診療であれば、高額療養費も適用となります。

公的医療保険の対象にならないものとしては、差額ベッド代・保険適用外の先進医療・未承認の抗がん剤などがあります。差額ベッド代は、医療機関により異なるため、どの程度の幅があるのか事前に確認しておくと安心です。先進医療*については、医療保険・がん保険などで準備することができます。治療の幅を広げるためにも一度検討されてみてはいかがでしょうか。未承認の薬剤を使用する場合には、自由診療ということになり入院費なども含め全額自己負担となる可能性もありますので、医師と金額や効能について確認して利用の可否を決めることも自分の治療方法を選択するうえで大切となります。

治療費は、がんの種類・進行の度合いやご年齢などにより異なってきますので、金額を推測することは難しいですが、がん治療の経済的な負担を軽くするひとつの手段として、がん保険への加入をひとつの選択肢としてみてはいかがでしょうか。

*先進医療とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日において、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)をいいます。(具体的な先進医療技術やその適応症(対象となる病気・ケガ・それら症状)および実施している医療機関については変更されることがあります。詳しくは厚生労働省のホームページをご確認ください)

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野