残した家族に苦労をさせないためにはどうしたらいいんだろう

残された家族がどうしたら困らず生活できるか考えてみましょう

もしも自分が早くに亡くなることがあったら・・・残された家族はどうなるんだろう。その後の生活をご家族がどのように過ごすのかを考えてみましょう。ご家族はあなたが亡くなったときの悲しみは深いものとなるでしょう。せめて残された家族がお金では困らないように、というのが保険の考え方のひとつです。

どのようなリスクがあるのか夫婦で考えてみましょう

もしも自分が、若い年齢で亡くなってしまったら残されたご家族はどのような生活になるのか想像してみてください。

特に子どもがいるご家庭の場合、残されたご家族の生活費や教育費はどのように準備したらいいでしょうか。また、仮に保険に入っていたとしても加入時の家族状況と現在の家族状況が異なる場合は契約している保険金額ではカバーできない場合もあるかもしれません。夫婦であらゆるリスクを予測し、どのようなリスクが今後起こり得るのか、そのリスクをカバーするためにはどのくらいの金額が必要なのかを考えてみましょう。ご家族を守る為に、どのくらいの金額があれば安心なのかを計算することは大変なことです。難しいな、と感じている方は保険ショップを利用してみてはいかがでしょうか。

リスクをカバーする方法を考えてみましょう

もしも現在ご加入中の保険がある場合、生命保険(死亡保険)の保険金額はいくら受け取れるのか、保障期間はいつまでなのか、どんな特約がついていて、どんな場合に使えるのか、などを夫妻で確認しましょう。現在ご加入中の保険証券を保険ショップにお持ちいただけますと内容の確認をすることができます。その後必要であればどのように保険に加入していれば安心できるのかを一緒に考えていきましょう。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野