社会人になったけど保険のことはよくわからない

社会人になった時の保険の選び方について考えてみましょう

社会人になり親から自立し、ひとりの大人として将来について考え始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時に周りから「保険は今のうちに入っていた方がいいよ」と言われることもあると思います。しかし保険のことはよくわからないし、そもそもほけんが必要かどうかわからない。そのような方も多いのではないでしょうか。自分のライフステージの変化も視野に入れながら今保険が必要なのか考えてみましょう。

保険を考えるタイミングはライフプランに変化があった時

保険を考えるタイミングは人それぞれです。ただ一般的には社会人になった時、結婚した時、子どもが産まれるとき、子どもが独立するとき、会社を退職するときなどに分かれるようです。今回はまさに社会人になった時、に該当するわけですが必ず入らなくてはいけないわけではないのでライフプランを考えながら保険についても考えてみましょう。

もしも今保険に入っているなら保障の内容を確認しましょう

保険の加入を考える前に、自分が保障の対象になっている保険の有無を確認してみて、もしも今加入中の保険があるならば保障の内容を確認してみるといいでしょう。なぜなら、今後保険を見直す際にも必要なのは“今の保障が、今や将来に向けてのライフスタイルに合っているか”を確認する作業が必要だからです。今の保障がライフスタイルに合っていれば変更する必要はありませんが、合っていなければ新しい保険を探すか、今の保険に足りない部分を補う保険を探しましょう。

また、今の保険が必要ならば自立の第一歩として、もしも保険料を親御さんが支払ってくれているならこれからは保険料を自ら支払っていくことも必要かもしれません。

まずは医療保険への加入を考えてみてはいかがでしょうか

社会人になったばかりで、家計を支えなければいけない家族がいない場合、まずは自分の病気やケガによる入院や手術を保障してくれる医療保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。
貯蓄がまだ十分でないうちに入院や手術が必要になった場合、医療費の自己負担分だけではなく、そのほかの諸経費など想像以上に出費がかかるものです。医療保険に加入すると、そういった負担を軽減することができます。

将来に向けての貯蓄も大切です

自分のライフプランを考えるとまとまったお金が必要なことも出てくるでしょう。例えばお引越しや結婚資金、子育てや老後資金などです。その時のために貯蓄も必要です。ただ今の段階では貯蓄より大切なこともあるでしょうから貯蓄に関しては目標を持って無理なく行うといいでしょう。こちらもライフプランを考えながらいつまでにいくら必要か考えましょう。保険を活用して貯蓄する方もいらっしゃいますので興味のある方は保険ショップで相談してみましょう。

迷ったら保険ショップで相談、もしくは通信販売へお電話ください

どんな保障内容が合っているかは、人によって異なります。ほけんの窓口では、保険について分かりやすくご案内しながら、お客さまに合った保険プランを一緒に考えます。現在の保障内容のご確認もできますので、どうぞお気軽にご来店ください。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野