電話での保険相談は、
店舗にてお受けしております

店舗一覧へ

お金を貯めたいな

まずは具体的な貯蓄の目的を考えましょう

お金を貯めるポイント

「特に目的があるわけではないけど一応将来のためにお金をためておいた方がいいんだろうな」という方は多いと思います。まずは、何のために貯蓄をするのか、いつまでにどのぐらい貯めたいかをしっかり考えてみましょう。そのうえで、貯蓄にまわせるお金がどのくらいあるか、お金の使い方を見直してみましょう。
お金を貯めるポイントは収入から決まった金額を貯蓄に回し、残ったお金で生活をするということです。
収入-貯蓄=生活費 この貯蓄パターンをしかり確立することがとても大切です。

貯蓄額が決まったらどんな金融商品を使うか考えてみましょう

実際に貯蓄額が決まったら、どのような金融商品を利用して貯蓄をするかよく検討しましょう。貯金(預金)・投資信託・保険など手段は様々ありますので、貯蓄の目的や積立の期間、その金融商品を利用した場合のリスクをよく検討して自分の考えに合った方法で貯蓄を始めてみましょう。

もしも保険商品で考えるのであれば

保険商品でもしも考えられるのであれば、終身保険を活用する方法や個人年金などがあげられます。そのほか、通信販売での取り扱いはありませんが、変額終身保険、変額個人年金など自分で運用先を選択できて、運用成績次第で、保険金等が変動するタイプ、ドル建て終身保険やドル建ての個人年金など外貨を利用するタイプ(ドル以外の通貨もあります)など多種多様です。

どの金融商品を使うとしても注意事項があります

貯蓄額も決まり、商品も決まりあとは契約して始めるだけ!その時にもう一度貯蓄額や貯蓄機関に無理がないか考えてみましょう。予測できる注意事項としてはライフプランが変わっても続けられるのか、ということです。特に長期に渡り貯蓄を続ける場合は注意が必要です。契約期間中に解約するとそれまで払い込んだ保険料よりも解約返戻金が下回ってしまい、いわゆる「元本割れ」してしまう金融商品もある為です。
また、金融商品によっては解約したいタイミングでそれまで払い込んだ保険料よりも解約返戻金が下回ってしまい、いわゆる「元本割れ」してしまう場合もあります。リスクも許容した上で契約をしましょう。様々なリスクを考えたうえで金融商品を組み合わせて貯蓄することも大切です。

生命保険分野

*医療保険には損害保険会社の商品と、少額短期保険会社の商品も含まれています。がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野

*火災保険には少額短期保険会社の商品も含まれています。

生命保険分野

*医療保険には損害保険会社の商品と、少額短期保険会社の商品も含まれています。がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野

*火災保険には少額短期保険会社の商品も含まれています。