保険料の負担を軽減したい

生命保険(死亡保険)の必要保障額を見直して、保険料の負担を軽減しましょう

生命保険(死亡保険)は自分に万が一の事があった場合に、残されたご家族が安心して暮らせるように決められた期間、保険料を払い続ける必要があります。残されたご家族のために必要な支出だと分かっていても、保険料が家計を圧迫しているケースも少なくありません。 加入中の保険の保障内容を見直すことで、保険料の負担を軽減できる可能性もありますので、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

必要保障額を再度計算してみましょう

必要保障額とは、生命保険(死亡保険)で受け取れる保険金を決める際の目安となる金額のことです。おそらく今の保険に入るときも計算されたのではないでしょうか。
必要保障額は家族構成や働き方、子どもがいる場合は子どもの教育方針などによって人それぞれ違ってきます。
例えば、結婚したとき・子どもが産まれた時などは必要保障額を増やす必要があるかもしれません。逆に、住宅を購入して団体信用生命保険に加入した時、子どもが就職した時などは必要保障額を減らせるかもしれません。
このように、ライフステージの変化によって必要保障額は変わってきますので、何か大きなイベントがあった場合は、現在ご加入中の生命保険(死亡保険)を見直してみてはいかがでしょうか。
見直しをした結果、保険料負担軽減につながる場合もありますが、今の保険料負担が軽減されても、長い目でみると逆に保険料負担が増えてしまう可能性もあります。
今の負担を軽減したいのか、将来的な負担を軽減したいのか、自分のライフプランを考えながら冷静に判断する必要があるでしょう。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野