電話での保険相談は、
店舗にてお受けしております

店舗一覧へ

子どもが産まれたので教育資金について考えたい

上手な教育資金の貯め方について考えてみましょう

子どもの誕生と同時に、親として子どもに何がしてあげられるのか考えることが多くなるでしょう。きっと子どもにしてあげたいことはたくさんあるとは思いますが、その中のひとつとして今回は子どもへの教育について考えてみたいと思います。教育を行うにはどうしても教育費がかかってきます。どのような教育を受けさせたいかによりかかる費用も大きく異なります。将来、子どもが希望する進路に進ませてあげるためにも、計画的に準備してあげましょう。

教育資金の準備方法を考えてみましょう

まずは想像するしかないのですが、子どもの進路について考えてみましょう。国公立の学校に進学させるのか、私立の学校に進学させるのかでは教育費が大きく異なってしまいます。だいたいイメージが付いたらいつまでにいくら貯蓄すると子どもを進学させることができるのかを計算してみましょう。
ある程度の金額や期限が決まったら、教育資金の準備方法を考えます。銀行預金(「積立定期預金」等)を活用する方法や、保険(「こども保険(学資保険)」等)を活用する方法など、それぞれにメリット・デメリットがありますので、特徴を確認した上でどの方法で貯蓄すると、スムーズに教育資金を準備できるのかを検討してみましょう。また、すべての教育資金を一つの方法で準備するのではなく、預貯金と保険などに分散してバランスよく準備する方法もあります。

教育資金が十分に準備できないまま進学の時期を迎えたら?

奨学金や教育ローンを利用する方法があります。奨学金には、卒業後に返済をする貸与制度と、返済する必要のない給付制度など、様々な形態があります。
また、教育ローンについては、銀行やJAなどの金融機関が扱っているローンのほか、国の公的ローンなどもあります。いずれも融資条件や保護者の年齢条件に制限が設けられている場合もありますので、事前に利用できるものを確認しておくとよいでしょう。

どのような方法であれ、子どもが希望の進路へ進めるように早いうちから準備してあげましょう。

生命保険分野

*医療保険には損害保険会社の商品と、少額短期保険会社の商品も含まれています。がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野

*火災保険には少額短期保険会社の商品も含まれています。

生命保険分野

*医療保険には損害保険会社の商品と、少額短期保険会社の商品も含まれています。がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野

*火災保険には少額短期保険会社の商品も含まれています。