おうちで気軽に ほけんの窓口 オンライン保険相談

親に保険を勧められたので

親御さんを安心させるためにも、何より自分のためにも保険について考えてみましょう

保険に加入するきっかけは人それぞれです。そんな中、意外と多いきっかけが「親に勧められたから」というものです。
就職をして経済的に自立をしたとき、あるいは結婚をしたとき、ライフステージ変化のタイミングで親御さんから「もうそろそろ保険に加入したら?」と勧められた経験はありませんか?

就職をした後にもし病気やけがで入院をしてしまった場合、治療費や入院費がかかります。それが長期になりお仕事をお休みしなければならないといったケースでは、自分の生活や家族への影響は大きなものになります。

また、結婚された後、もし自分が早くに亡くなることがあった場合、残された配偶者や子どもたちへの影響は大きなものになります。

親御さんに勧められたのもきっかけのひとつです。親御さんと一緒に考えてみるもの良いかもしれません。あるいは保険ショップなどに親御さんと一緒に行かれるのも良いかもしれません。

もちろん勧められてそのままに加入するのではなく、保険商品について正しく理解し、自分の入院保障か、万が一のための死亡保障なのか、将来に向けての貯蓄性のある商品なのか、目的をはっきりさせて、自分が本当に必要だと思える保険商品をじっくり検討されてみてはいかがでしょうか。
きっと親御さんも安心されると思いますし、何よりも自分も安心できるかもしれません。

生命保険分野

*医療保険には損害保険会社の商品と、少額短期保険会社の商品も含まれています。がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野

*火災保険には少額短期保険会社の商品も含まれています。

生命保険分野

*医療保険には損害保険会社の商品と、少額短期保険会社の商品も含まれています。がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野

*火災保険には少額短期保険会社の商品も含まれています。