医療保険とは

日本には国民皆保険制度があります。原則すべての国民が公的な医療保険によって保障されています。そのため、民間の医療保険は、あくまで公的な医療保険でカバーしきれない部分を補ったり、保障をより充実させたりするためのものであることを心に留めておきましょう。まずは公的な医療保険でどこまでカバーできるのかを見てみましょう。

公的な医療保険

医療費の自己負担

多くの方がご経験あると思いますが、病気やケガをして病院を受診した時に病院の窓口で健康保険証を提示すると、保険が適用されて医療費の自己負担が1~3割となります。これは日本の公的医療保険制度の基本となる保障システムで「保険診療」と呼ばれています。

高額療養費制度について

それでは思わぬ重病や大ケガをするなどして、保険が適用されても家計を圧迫するほどの高額な医療費がかかったらどうしたらいいでしょうか。そのようなとき、家計への経済的な負担を軽くするために設けられた制度が「高額療養費制度」です。1か月の医療費が自己負担限度額を上回った場合、必要書類をそろえてご加入中の公的医療保険の保険組合などに申請すると払戻しを受けることができます。

傷病手当金とは

傷病手当という制度もあります。傷病手当金は被用者保険に加入している方が病気やケガで仕事を休まざるをえなくなったとき、現金を受け取れる制度です。連続して休業した3日間を含み4日以上休業した場合最長で1年6ヶ月、1日当たり標準報酬日額の3分の2に相当する金額を受け取ることができます。※傷病手当金には支払い条件があります。厚生労働省のHPをご確認ください。

民間の医療保険の保障内容について

民間の医療保険の保障内容はどのような内容でしょうか。
医療保険の基本は、一般的に入院や手術をした時に給付金を受け取ることができます。(現在は手術給付金を除いた入院給付金のみの商品もあります)

入院給付金検討のポイント

病気やケガで入院した場合、「入院給付金日額×入院日数」の給付金を受け取ることができます。
(例)入院給付金日額が5,000円で10日間入院した場合:5,000円×10日=5万円

自分が入院したら費用がいくら必要になるかを考えて、過不足のない入院給付金日額を設定することが大切です。
なお、医療保険を検討するときは、入院給付金の給付対象となる日数にも注目しましょう。
保険商品によっていつからいつまでの入院について給付金を受け取れるのか異なりますので確認されるといいかと思います。

手術給付金検討のポイント

病気やケガで手術を受けた場合、手術1回当たりの給付金を受け取ることができます。
(例)手術給付金:1回につき5万円
手術の支払事由は保険商品によって異なります。

特約をつけることで保障内容を手厚くすることができます

医療保険における特約は、保障内容を手厚くするためのオプションのようなものです。ただし、月々の保険料の負担は上がるため、特約を検討するときは、本当に必要な保障内容であるかどうかをよく見極めることが大切です。ここでは、医療保険に付けられる代表的な特約についてご紹介します。

がん特約

がんの治療方法は多岐にわたり長期化する場合もありますので、通常の病気よりも経済的ダメージが大きいことを想定しなければなりません。
がん特約の保障内容は保険会社によって異なりますが、がんと診断されたときに所定の一時金を受け取れる「がん診断給付金」や抗がん剤治療を受けた時に受け取れる「抗がん剤特約」、がん治療を目的として通院した時に受け取れる「がん通院特約」などがあります。自分がどんな保障が必要か考えて決めるといいでしょう。また、特約では不十分と思われたら別途がん保険を検討することもおすすめです。

女性疾病特約

女性特有の病気での入院・手術などに対して保障を追加する特約です。例えば子宮や乳房などの病気が対象となります。女性特有の病気については保険会社によって保障する範囲が大きく異なりますので注意しましょう。

通院特約

入院給付金を受け取られた入院の原因となった病気やケガの治療を目的とした通院の場合、通院給付金を受け取れる特約です。

先進医療特約

先進医療とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日において、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)をいいます。(具体的な先進医療技術やその適応症(対象となる病気・ケガ・それら症状)および実施している医療機関については変更されることがあります。詳しくは厚生労働省のホームページをご確認ください))先進医療では高度な治療効果が期待できますが、保険診療の適用外であるため、先進医療における技術料は全額自己負担となります。(高額療養費制度についても対象外です)中には高額な先進医療もありますので、いざというときの治療の選択肢を広げる意味でも先進医療の特約を検討されたほうがいいかもしれません。

保険料払込免除特約

保険料払込免除特約とは、被保険者が所定の状態になられた時は、以後の保険料の払込が免除される特約です。ただし、保険料免除になる条件は保険会社によって異なります。医療保険を検討する際には、保険料払込免除特約に関する約款をよく確認しましょう。

・保障期間検討のポイント
医療保険には定期タイプと終身タイプがあります。

定期タイプ

10年、20年など、保険期間に制限がある保険です。一般的に期間が満了しても、解約手続きをしない限り所定の条件を満たしている場合自動更新されます。加入当初の保険料は、終身タイプと同年齢で比較するとお手頃です。ただし、更新時の年齢に応じて再計算されるため、定期タイプの場合更新のたびに保険料の負担が上がります。

終身タイプ

保険期間が終身で、保障が一生涯受けられる保険です。加入当初の保険料は、定期タイプと同年齢で比較すると割高です。ですが、保険料が一定なので、長い目で見ると定期タイプで更新を続けた場合よりも支払い保険料の総額が抑えられる傾向にあります。

・保険料の支払い方法
定期タイプの場合、基本的に、保険料の支払期間と保険期間が同じです。
一方、終身タイプでは一生涯保険料を払い続ける「終身払込」と、65歳や70歳などの期限を設定して保険料を支払う「有期払込」という2つの支払方法があります。短期的にみると、有期払込のほうが1回の支払い保険料は高く設定されているのが一般的ですが、保険料の支払いを終えても一生涯保障を受けることができます。

まとめ

以上が医療保険を決めるポイントとなります。
ただ、医療保険は保険種類の中でも特に商品数が多くパッと見た感じではどれも同じように見えてしまうためひとりで選ぶのは非常に難しいと思います。 もしもよくわからない場合はお近くの保険ショップもしくは通信販売までお電話いただけるとご相談いただけます。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
ランキングはこちら