生命保険(死亡保険)とは

生命保険(死亡保険)に加入することで、被保険者が死亡したときにあらかじめ決められた保険金が受け取れます。亡くなられた方の葬儀費用や、残された家族の生活資金、子どもがいらっしゃる場合は進学費用などにもお金が必要です。生命保険(死亡保険)の重要性は、そういった亡くなられたあとの家族の生活を支える、という点にあるといえるでしょう。
生活を支えるために十分な費用を生命保険(死亡保険)で備えるためには、まずどの程度の費用が必要になるのか、必要保障額を計算することが大切です。

公的な死亡保障について

民間の保険会社が取り扱う生命保険(死亡保険)のほかにも、公的な保障があります。遺族年金と呼ばれているもので、年金センターや各地方の相談窓口から申請することができます。遺族年金には、遺族基礎年金、遺族厚生年金、遺族共済年金の3つがあり、どの年金を受け取ることができるのかは亡くなられた方の職業、支払っていた年金の種類によって異なります。国民年金を支払っていた自営業等の方の場合は遺族基礎年金のみ、厚生年金・共済年金を支払っていたサラリーマン・公務員の方は遺族基礎年金と遺族厚生年金を受け取ることができます。

必要保障額とは

生命保険(死亡保険)の必要保障額とは、保険金として受け取る金額を決める際、目安となる金額のことです。被保険者が亡くなったあと、「それまで扶養していた方が経済的に自立し、安定した生活を送れるために必要となる費用」から、「現在の貯蓄など準備している金額」「遺族年金で受け取れるであろう金額」を差し引いた金額で設定されます。
なかなか、これらをすべて調べて自分で必要保障額を考えるのは難しいと思います。今まで必要保障額を計算したことがない方は保険ショップで相談されることをお勧めします。

生命保険(死亡保険)の種類

生命保険(死亡保険)には大きく分けて「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3つの種類があります。生命保険(死亡保険)への加入を検討している方に向けて、この3種類の保険についてご紹介させていただきます。

定期保険

定期保険は、いわゆる掛け捨ての保険で被保険者が一定の期間内に死亡もしくは所定の高度障害状態になられたときに保険金を受け取ることができます。定期保険は、終身保険や養老保険に比べ割安な保険料で大きな保険金(死亡保険金)を受け取ることができます。子供が就職するまでなど決められた期間、大きな保障が必要なタイミングで加入する方が多い傾向にあります。

終身保険

終身保険は一生涯保障が続く生命保険(死亡保険)です。定期保険のように期間は設定されておらず、被保険者が死亡したときに、保険金受取人が保険金を受け取ることができます。

養老保険

養老保険は、「保障と貯蓄」の2つの力を兼ね備えた生命保険です。保障期間は一定期間ですが、満期を迎えると満期保険金を受け取ることができます。また、期間内に被保険者が亡くなると、満期保険金と同額の保険金を受け取ることができます。掛け捨てでないことが特徴のひとつですが、月々の保険料が定期保険と比べると割高ですので、保険料が経済的な負担にならないように注意しましょう。

まとめ

定期保険、終身保険、養老保険、の他にも、生命保険(死亡保険)には変額保険、引受基準緩和型終身保険などがあります。変額保険では、株式や債券を中心に資産を運用して、資産の運用実績に応じて保険金や解約返戻金が増減します。引受基準緩和型終身保険は、引受基準が一般的な保険より緩いため持病をお持ちの方も加入しやすい生命保険(死亡保険)です。このように、生命保険(死亡保険)にはさまざまな種類があります、数ある保険商品の中から自分に合ったものを選ぶには、保険ショップなどで相談することが大切です。自分の家族構成やライフプランを伝えて、自分に合った保障内容の生命保険(死亡保険)に加入しましょう。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
ランキングはこちら