傷害保険の補償内容

保険は大きく分けると3つの分野に分かれています。

  1. 第一分野(生命保険)
  2. 第二分野(損害保険)
  3. 第三分野(医療保険)

傷害保険は、火災保険や自動車保険などと同じ第二分野の損害保険会社が販売している商品ですが、第三分野の医療保険やがん保険と同じ分野に属しています。
傷害という名前からもわかるとおり、傷害保険はケガを対象にした保険であり、病気などは対象としていません。病気などでの入院の場合は医療保険など、他の保険が必要になるため、注意が必要です。今回は傷害保険の補償内容や種類について詳しくご紹介させていただきます。

傷害保険の基準

傷害保険はケガを対象とした保険ですが、補償の対象となるケガとは一体どのようなものなのでしょうか。ここでは、傷害保険が対象とするケガの範囲についてご紹介させていただきます
傷害保険において、ケガと認められるものは以下の3点を満たしているものです。

  1. 急激
  2. 偶然
  3. 外来

この3点を満たしているものを、傷害保険ではケガと定義しています。
この3点をまとめて説明すると「自分では避けられない事故などに巻き込まれて、ケガを負ったこと」これをケガと定義しています。傷害保険では、自らの意思や予想できたことによってケガをした場合は、ケガとみなされません。例えば、自傷行為によるケガは、自らの意思によって負ったケガです。また、日焼けによる火傷は前もって予測できたことですし、自らの注意不足が招いた結果でもあります。このような場合、傷害保険の補償を受けることはできません。

傷害保険の種類と補償内容

傷害保険にはさまざまな種類があり、補償される範囲は異なります。ここでは保険の種類ごとの補償内容についてご紹介させていただきます。

普通傷害保険

さまざまな傷害保険の中でも、一番スタンダードなのが普通傷害保険です。国内、国外問わず日常生活の中で起こる事故によってケガをした場合に、補償を受けることができます。補償されるのは死亡、後遺障害、入院、通院などです。

家族傷害保険

家族傷害保険は普通傷害保険と補償される範囲は同じです。ただし家族(注)のケガも補償することができるため、加入すると家族(注)の誰かが事故に巻き込まれてケガをした場合でも安心です。

交通事故傷害保険

この商品では、交通事故によって負ったケガの治療のための費用が補償されます。交通事故だけでなく、車の火災や電車内、駅の構内で事故に巻き込まれ場合のケガも補償の対象となります。

ファミリー交通傷害保険

補償する範囲は、普通の交通事故傷害保険と同じですが、自分だけでなく家族(注)のケガも補償されます。

国内旅行傷害保険

日本国内を旅行中、事故に巻き込まれてケガをした場合、治療費が補償されます。また特約をつけることで賠償責任や、携行品損害、救援者費用などが補償されます。

海外旅行傷害保険

基本的な補償内容は、国内旅行保険と同様ですが、国内ではなく海外旅行で事故に巻き込まれ、ケガをした場合の治療費が補償されます。

(注)家族の範囲はあらかじめ保険約款で決まっているので、ご自分の家族全員をカバーできないことがあります。

傷害保険で支払われる保険金

傷害保険が支払う保険は「死亡保険金」「後遺障害保険金」「入院保険金」「手術保険金」「通院保険金」の5つの保険です。事故でケガをしてから、180日以内に死亡したり、ケガで入院・通院をしたり手術を受けたという場合に保険金を受取ることができます。事故の後、しばらくたってから身体に不調があらわれ、入院や手術が必要になっても180日を越えていた場合は入院保険金や手術保険金、通院保険金を受け取ることができません。事故などにあった場合は、お身体のことも考え、なるべく早めに病院や診療所にいくようにしましょう。

まとめ

突然の事故は、誰にでも起こりえるものです。そんなときに、傷害保険に加入していれば、ケガをした場合の入院費や手術費などの治療にかかる費用を受け取った保険金で賄うことができます。万が一の事故に備えて、傷害保険への加入を検討しましょう。また既に加入している方も、今の補償内容で十分かどうか確認してみてはいかがでしょうか。

(2015年6月)A15-100986

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
ランキングはこちら