がん保険とは

がんになったら恐いというイメージを持たれている方も「がん検診を受けていますか?」と伺うと「受けたことがない」と答えられる方がいらっしゃいます。がん保険を準備することもがんに罹患した時の備えですが、がんは生活習慣病のひとつですのでがんに罹患しないように生活習慣を改めたり、がん検診を受けたりすることも大切です。早期発見することができれば治療も早く取り掛かることもできがんに罹患する前の生活に戻れる可能性も高くなるでしょう。怖がらずにまずはがん検診を受けましょう。

がんの治療

がんの治療法には、手術療法、化学療法、放射線療法があります。これをがんの三大療法といいます。これらの他にも定位放射線療法、免疫療法、造血幹細胞移植など、さまざまな治療法が使われています。選択した治療方法によって「保険診療」となっているものについては自己負担額は治療費の1~3割程度になります。「自由診療」の場合は全額自己負担となります。

がん保険について

民間の医療保険にもがんを対象とした商品があり、一般的に「がん保険」と呼ばれています。保険商品によって違いはあるものの、基本的にがん保険が対象とするのは「がん」のみとなっており、病気やケガに幅広く対応している医療保険とはこの点で異なります。
ここではがん保険の特徴についてご紹介します。

がん保険の保障内容

がん保険の保障対象となっているのは、基本的に「がん」のみです。 がん保険ではがんを「悪性新生物」と「上皮内新生物」をわけ、悪性新生物のみを保障対象としている保険商品もあります。保険に加入する前に保障内容や保障対象の範囲を確認し、不明な点は保険ショップや通信販売でクリアにしてからがん保険に加入するかどうか決めるといいでしょう。

一般的に、がん保険では主に以下に挙げる3つの保障となります。
(保険会社、保障内容によって異なります。)

  • 1.保障の対象者(被保険者)ががんと診断される
  • 2.保障の対象者(被保険者)ががん治療を目的とした入院治療を受ける
  • 3.保障の対象者(被保険者)ががん治療を目的とした手術を受ける

この他に、がんの治療で通院した時に給付金が受け取れるもの、がんの治療で入院し退院した時に給付金が受け取れるもの、抗がん剤を使って治療した場合に受け取れるもの、がん治療に関する先進医療を受けた場合に給付金が受け取れるものなど、保険商品によって給付条件はさまざまです。また、個別のケースによっても具体的な内容は異なるため、事前にしっかりとご確認いただくことが大切です。

医療保険とがん保険 入院給付金の限度日数の違い

一般的な医療保険では、入院給付金が支給される1入院あたりの限度日数が設定されています。1入院とは、1回の入院という意味ではなく「一定期間内に同じ病気で入院すること」を指します。治療過程で一時退院と再入院を繰り返すことも多いがん治療では、全体の入院期間を通して1入院とみなされることも多いため、長期のがん治療を見越して医療保険の保障内容を決定する場合には、長期の限度日数を設定するとよいでしょう。

一方、一般的にがん保険では1回の入院で給付金の支払いが行われる日数の限度がありません。そのため、長期間の入院でも、給付金の保障対象となる入院日数を心配することなく、がんの治療に専念できます。
また、がん保険は入院の通算日数にも制限がありません。(通算日数とは、保険期間の全体を通して入院給付金を受け取ることのできる日数のことです。)
がんの治療は、症状の進行度合いや治療法によって治療期間が長期化する恐れもあり、入退院を繰り返すケースも珍しくありません。
そのため、1回の入院における限度日数や通算での限度日数のないがん保険は、がん治療にかかる費用への備えとして有効です。

診断給付金の支払い条件に注意

がんには悪性新生物と上皮内新生物という種類があります。転移や再発の可能性が高いのが「悪性新生物」。一方、進行が上皮内、つまり細胞の表層面にとどまっているがんが「上皮内新生物」です。上皮内新生物は早期に発見、適切な治療を行えば転移や再発の可能性が低いとされており、危険性が高い悪性新生物とは区別して考えられる場合が多いのです。
がん保険の種類や契約内容によっては、がんと診断されたとしても、それが上皮内新生物だった場合、診断給付金の給付対象とならなかったり、悪性新生物と比べて保障額が減額されることがあります。
また、保障のタイプとして、診断給付金を受け取れるのは初回限りであるタイプと、一定の条件のもとがんと診断されると複数回診断給付金を受け取れるタイプがあります。
給付条件は保険商品によって多岐にわたるため、事前に確認しましょう。

免責期間に注意

一般的に、がん保険には責任開始日から90日間、がん保障の対象とならない期間が設けられています。この期間に保障対象となるがんと診断されても、保険会社から給付金を受け取ることはできません。この期間にがんと診断確定されるようなケースでは、加入時に既にがんになっていた可能性があると考えられるため、給付金を受け取ることができないのです。
この期間の日数は保険会社によって異なりますので、事前によくご確認ください。

まとめ

がん保険は治療方法が多岐にわたる為保障内容も複雑で分かりにくい部分もあると思います。また、治療期間が長引くこともあり入院していれば入院給付金を受け取ることができますが入院せずに治療をする場合もあります。そのためどのような保障をがん保険で持つのかをしっかりと検討してから加入する必要があります。ご不明点がある場合は保険ショップや通信販売でご相談いただきどのような治療に対応できるのか、そもそもがん保険はあった方がいいのかも含めご検討いただければと思います。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
ランキングはこちら