ゴルファー保険ってどんな保険?

ゴルファー保険は、ゴルフの練習中や競技中にあやまって他人にケガをさせたり物を壊したりして法律上の損害賠償責任を負った場合に補償する保険です。ゴルフ中に発生したケガによる通院・入院・死亡や、ゴルフ用品の盗難・破損、ホールインワンやアルバトロスを達成した際の祝賀会費用などを補償する特約がセットできます。

ゴルフは楽しいスポーツですがケガをする可能性もあります

ゴルフはサッカーや野球、テニスなどに比べて走ることもジャンプすることもないため、安全なスポーツだと認識をしている人もいます。しかし、そうではありません。
ゴルフ場では、たくさんの人がプレーしています。ほかの人が打った球が当たってケガをしてしまうこともありますし、逆に自分が打った球がプレーしている人に当たってケガを負わせてしまうこともあるかもしれません。
自分がケガをすれば医療費がかかるのはもちろん、他人をケガさせてしまうと法律上の損害賠償責任が発生する場合があります。自分でこれらの費用を支払うのはとても大変です。
このようなトラブルに備えて加入しておきたいのが、ゴルファー保険です。ゴルファー保険は、ゴルフをプレーする方が安心して楽しめるようにサポートするものです。

保険の仕組み

加入する保険によって補償内容が異なる場合がありますが、一般的なゴルファー保険ではゴルフのプレー中のケガやそれに伴う通院、入院、後遺障害、死亡した場合に対する補償が受けられます。また、他人にケガをさせたり、他人のものを損壊させたりしたときの損害賠償責任に対する補償も受けられますし、特約をセットすることによりゴルフ用品の盗難やゴルフクラブの破損に対する補償が受けられるものもあります。
ゴルフの初心者であれば、ゴルフのプレー中にボールだけでなく地面を打ってしまい、ゴルフクラブを折ってしまうことがあります。もちろん、初心者だけでなく上級者の方でも力強く打つことでヘッドが折れてしまうことがあります。ゴルファー保険は、このような場合にも保険金を受取ることができます。

ホールインワンやアルバトロスに備えて

1打でカップインする「ホールインワン」に、パーより3打少なくホールを終了する「アルバトロス(ダブルイーグルとも言う)」は、ゴルフプレイヤーであれば一度は経験してみたいものです。
ところが、ホールインワンやアルバトロスを達成するとお金がかかるということをご存知でしょうか。
日本では、ホールインワンやアルバトロスを達成した場合、喜びを皆と分かち合うという名目で祝賀会や記念コンペなどを行う習慣が定着しています。よって、ホールインワンやアルバトロスを達成した場合、祝賀会やコンペを開いたり、ほかのプレイヤーやキャディーに記念品やご祝儀を贈らなければなりません。
かかる費用は行う規模によって異なりますが、数十万円もの費用が必要になる場合もあり、達成したプレイヤーの経済的負担は大きくなります。
ホールインワンやアルバトロス達成に対する補償が受けられるゴルファー保険に加入していれば、祝賀会やコンペ、記念品やご祝儀にかかる費用を補償できます。

まとめ

ゴルファー保険は、ゴルフの練習中や競技中の偶然な事故で法律上の損害賠償責任を負ったりケガによる通院や入院、死亡に対する補償だけでなく、ゴルフ用品の盗難や損傷、ホールインワンやアルバトロス達成に対する補償も受けることができるため、ゴルフの熟練度に関係なく、ゴルフプレイヤーにとってかかせないものです。中には、海外でのプレーでも補償を受けることができるものもあります。
ゴルフのプレー中に起こる万が一に備え、ゴルファー保険に加入してみてはいかがでしょうか。

(2015年6月)A15-100986

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
ランキングはこちら