おうちで気軽に ほけんの窓口 オンライン保険相談

こども保険(学資保険)とは

こども保険(学資保険)に加入することで、教育費としてまとまったお金が必要なときに、学資金として受け取ることができます。こども保険(学資保険)は、基本的に子どもの教育費を準備することを目的としています。今回は、こども保険(学資保険)の仕組みについて詳しくご紹介させていただきます。

貯蓄性も備えた保険

こども保険(学資保険)は、教育資金を貯めていける貯蓄性を備えた保険です。子どもの教育のために、幼稚園から大学までの教育費を準備しておく必要があるでしょう。こども保険(学資保険)に加入すると、あらかじめ決めた時期、金額を学資金として受け取ることができます。また、保険商品によって支払った保険料の合計額に対して最終的に受け取れる学資金の合計額の割合は異なりますのでよく確認して加入しましょう。

こども保険(学資保険)の主な特約

こども保険(学資保険)の主要な目的は、教育費の準備ですが、保険料の支払期間中に契約者(親、もしくは祖父母)が死亡した場合、一部の保険商品を除き保険料の支払いが免除となり、時期を迎えると、あらかじめ決めていた学資金を受け取ることができるなど、子どもの将来を守るための保障がついている商品もあります。
こども保険(学資保険)には、傷害特約、医療保険特約、災害特約などの特約を付けることができる保険商品もあり、保障内容を手厚くすることもできます。これらの特約をつけることで、子どもが事故や災害で傷害を受け、保険会社所定の状態になった場合、もしくは死亡してしまった場合に、保険金を受け取ることができます。また、子どもが病気やケガで入院や手術した場合は、入院給付金や手術給付金を受け取ることもできます。このように、こども保険(学資保険)に特約を付けることで、将来起こりうる万が一のリスクを軽減することができるのです。
しかし、特約をつけるとその分を保険料が高くなるので、契約の前に本当に必要かどうか保障内容をしっかりと考えるようにしましょう。

銀行貯金とこども保険(学資保険)の違い

子どもの教育費は、進路によって大きく変わります。そのため、必要な教育費を準備してあげましょう。教育費の準備のためには、こども保険(学資保険)や銀行預金等が一般的に行われています。
銀行預金は、普通預金、定期預金、積立定期預金の3つの種類があり、特に積立定期預金は教育費の他、さまざまな貯蓄のために使われています。毎月しっかりと貯金することができれば、金利によって自分が預けた以上のお金を受け取ることができますが、低金利の時代なので、他の金融商品とよく比較検討しましょう。

まとめ

どのような方法であっても子どもの将来のための教育費を準備するのは大変です。できるだけ早く準備を始めることで時間を味方に付けましょう。準備する期間が長いほど月々の貯蓄額は軽減することができるでしょう。こども保険(学資保険)で準備するのであれば、保険ショップでいろんなタイプのこども保険(学資保険)の見積もりを出して子どものためにより合った保険を選びましょう。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
ランキングはこちら