持病をお持ちの方の保険

引受基準緩和型保険は、持病をお持ちの方も加入しやすい保険として登場しました。所定の告知項目に該当しなければ加入できる可能性があります。引受基準緩和型保険には、終身保険、定期保険、医療保険、がん保険など豊富な種類があり、これまでに多くの方々が利用しています。

引受基準緩和型終身保険・引受基準緩和型定期保険

引受基準緩和型の保険商品の中には死亡保険もあります。一生涯にわたり死亡保障を持つことができる終身保険。また、一定期間死亡保障を持つことができる定期保険です。終身保険も定期保険も保障期間内に被保険者が死亡、または高度機能障害に陥ったときに保険金を受け取ることができる保険です。また、被保険者が死亡された際に、残されたご家族にまとまったお金を残していきたいという目的で加入する方が多く、受取人はまとまった金額を受け取ることができます。

引受基準緩和型医療保険

引受基準緩和型保険には、入院や手術にかかる費用を保障の対象とした医療保険もあります。糖尿病、慢性腎炎、狭心症など一般的な医療保険では申込み時の診査で加入に制限がかかってしまう場合でも、引受基準緩和型の医療保険であれば、加入できる可能性があります。
引受基準緩和型保険は引受基準を緩く設定していますが、健康状態の告知事項がいくつか設けられています。どのような健康状態であっても絶対に加入できるというわけではないので注意が必要です。まずは、どのような告知事項があるかの確認をしてみましょう。

引受基準緩和型がん保険

引受基準緩和型のがん保険は、がんのみを対象とした引受基準緩和型のがん保険です。主な保障内容は、がん治療を目的とした入院、手術、通院にかかる費用などです。そのほか、がんと診断されて入院するときや退院するときなどにも、給付金を受け取ることができる保険商品もあります。一般的ながん保険は、がんの治療歴がある方の引受を制限していますが、引受基準緩和型の場合はがんの治療歴があっても告知内容によっては加入できる可能性もあります。

引受基準緩和型保険の仕組み

引受基準緩和型保険の特徴は、一般的な保険に比べて引受基準が緩いという点です。保険会社によって異なりますが3つ程度の告知事項に該当しなければ加入できる可能性があります。ただし、告知内容や告知事項の数は保険会社によって異なりますので加入を検討されている方は保障内容だけではなく告知事項もご確認いただければと思います。

支払削減期間の設定

引受基準緩和型の保険は基本的に加入後一定期間保険金・給付金額が減額される「支払削減期間」という時期があります。例えば引受基準緩和型医療保険に加入された後支払削減期間中に入院された場合は多くの保険会社の場合、入院給付金の50%を受け取ることができます。加入を検討される場合は支払削減期間についてもご確認ください。

保険料

引受基準緩和型保険の保険料は、引受基準を緩く設定していることにより、一般的な保険に比べると保険料は高めに設定されています。

先進医療を保障

引受基準緩和型医療保険には、先進医療*に対する保障もつけることができるものもあります。先進医療は、公的な医療保険が適用外のため先進医療における技術料が全額自己負担となり、経済的に大きな負担となります。
引受基準緩和型医療保険では、このような先進医療を受けるのに必要な技術料が保障されます。
*先進医療とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日において、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)をいいます。具体的な先進医療技術やその適応症(対象となる病気・ケガ・それら症状)および実施している医療機関については変更されることがあります。詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

まとめ

引受基準緩和型保険は、持病をお持ちの方も加入しやすい保険です。引受基準が緩くなることにより、保険料は高めに設定されていますが、保険商品のプランによっては入院・手術・先進医療や死亡保障などをカバーすることができます。持病をお持ちの方は、引受基準緩和型保険への加入もご検討されてみてはいかがでしょうか。前述しました告知内容については通信販売でも確認することができます。お電話ください。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
ランキングはこちら