火災保険でカバーできるもの・できないもの

火災保険は、自宅で災害やトラブルに見舞われて、家や家財が燃えたり壊れたりしたときに備える保険です。自然災害や事故は、いつ起こるかわかりません。火災保険に加入して毎日の安心を手に入れるためには、必要なときに必要な保険金を受け取ることができるプランを契約することが大切です。ここでは、火災保険がどのような損害を補償してくれるのかを、具体例を挙げながらご説明します。

火災保険でカバーできるのはどんなとき

ベーシックな住宅火災保険の補償対象は、火災、落雷、破裂・爆発、風災、ひょう災、雪災による損害です。火災、落雷、破裂・爆発については、一般的には基本補償となっておりますが、風災、ひょう災、雪災については、免責金額を設定することで保険料を軽減できる保険会社もあります。
具体的に、保険金が支払われるのは次のようなケースです。ただし、家財に対する補償を受けるためには、建物の契約とは別に家財保険を契約しておく必要があります。

【火災】

火災によって、建物や家財が燃えたとき。また、消火活動の際に放水で水浸しになったとき。なお、隣家が火事になってもらい火で損害を受けたときも、補償の対象となります。ですが、地震が原因で起こった火災については、補償の対象となりません。

【落雷】

家に落雷があって、建物や家財が壊れたとき。また、近隣に落雷があって過電流が流れ、電気設備や電化製品が故障した場合も補償の対象となります。なお、建物に付属の電気設備は建物扱い、屋内の電化製品は家財扱いになるので注意しましょう。

【破裂・爆発】

気体または蒸気が急激に膨張して起こる破裂や爆発のことで、ガス爆発が代表的です。また、調理用のカセットコンロのガスボンベや、整髪剤のスプレー缶が爆発したことによる損害も対象となります。

【風災】

直接的あるいは間接的に、風や竜巻の影響で建物や家財が壊れたとき。台風で瓦が剥がれる、飛んできたもので窓ガラスが割れるなど。なお、風災によって窓ガラスやドアが壊れ、雨水が屋内に吹き込んで受けた損害も補償の対象となります。

【ひょう災】

ひょうが降ることによって、建物や家財が壊れたとき。ひょうが当たって窓ガラスが割れる、屋根や壁が傷つくなど。

【雪災】

雪の影響で、建物や家財が壊れたとき。積もった雪の重みで家屋が倒壊する、車庫の屋根が壊れるなど。

そのほか、火災保険には次のような補償を付加できる場合もあります。

【水ぬれ】

配管設備の故障や上階からの水ぬれによる損害を受けたとき。天井や床が水浸しになる、家財が水没して故障するなど。

【物体の落下・飛来・騒擾(そうじょう)など】

自動車が飛び込んできて建物が壊れたときや、自宅の壁や塀を誰かに破壊されたときなど。

【盗難】

泥棒によって家財を盗まれたとき。現金も、一定の金額の範囲内なら補償されます。また、泥棒の侵入時に割られた窓ガラスや壊されたドアも補償の対象となります。

【水災】

洪水、高潮、土砂崩れによって建物や家財が損害を受けたとき。家や家財が流される、家が倒壊する、床上浸水するなど。

「建物」と「家財」はどう違う?

火災保険では、建物と家財を別々に契約します。そのため、何が建物で何が家財かをしっかり理解しておかなければなりません。間違われやすい例は、次のとおりです。

【「建物」に含まれる】

屋外:門、塀、垣、建物に付属の物置や車庫、建物に固定されたアンテナ

屋内:畳、ふすま、建物に付属のエレベーターやリフト、エアコン、浴槽、流し台、ガス台、調理台など

【「家財」に含まれる】

建物に収められた家具、家電、衣類といった日常生活に用いる所有物

※自動車、現金や切手、有価証券、プリペイドカード、帳簿や証書などの知的財産、データやプログラムなどの無形財産、動物や植物などの生物は「家財」に含まれません。また、建物の外に持ち出されたものも補償の対象外です。

まとめ

ベーシックな火災保険では、火災、落雷、破裂・爆発風災、ひょう災、雪災による損害が補償されます。なお、プランによっては、水ぬれ、物体の落下・飛来・騒擾(そうじょう)、盗難、水災などの災害やトラブルに対する補償も含まれます。なお、火災保険の補償対象は建物と家財に区別されるので、それぞれの対象範囲を理解することが大切です。
火災保険は、保険金額の算出が難しく通信販売でのお取扱いはございません。保険金額の設定、補償内容の確認、ご検討は保険ショップ等でご相談ください。

(2015年6月)A15-100986

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
ランキングはこちら