保険の見直しってなにをするの?

保険豆知識
難易度:
(初級)
この記事は5分で読み終わります

「保険の見直しって?どのようなメリットがあるの?」と思われる方も多くいるのではないでしょうか。この記事では保険の見直しに関するメリット・デメリットや失敗しない見直しの方法について説明していきます。

保険の見直しとは

保険の見直しとは、現在の自分の状況やライフスタイルに必要な保障内容を確認し、加入中の保険の内容が必要な保障内容と比べて過不足がないかを確認することです。また、過剰に保険に入っていた場合や必要な保障に対して保険が不足していた場合、加入中の保険を入り直したり、変更したりすることも保険の見直しには含まれます。

保険の見直しのメリット・デメリット

保険の見直しのメリットは以下の通りです。

・自分や家族の加入中の保険の内容を再確認できる
内容を確認することで、自分や家族の万が一の際に保険金の請求がスムーズにできる
・不要な保障を整理することで保険料が抑えられることがある
子どもの独立や自分のライフプランの変化等で手厚い保障が不要になった際、解約することで保険料を抑えることができる
・不足している保障を確認することができる
万が一の際に必要な保障に対してどれくらい不足しているかわかれば、預貯金で備えることもできる

一方、保険の見直しのデメリットは以下の通りです。

・自分で見直しをするには知識が必要
保険やファイナンシャルプランニングの知識がないと加入中の保険の理解や必要な保障のシミュレーションをすることが難しい
・保険料が上がることがある
見直しをした結果、保険に入りなおす場合、新たに加入することで保険料が上がることがある
・解約返戻金が少ない場合がある
解約返戻金がある保険を解約する場合、タイミングによってはこれまで支払った保険料の総額に対して解約時に支払われる解約返戻金が少ないことがある

ここまでのメリット・デメリットは人によって重要度が違うはずです。保険の見直しのメリット・デメリットを理解した上で、見直しを行うかどうかを判断しましょう。

失敗しない保険の見直し

次に、いざ保険の見直しをすると決めた後、どのように保険の見直しをすれば失敗しないかを見ていきましょう。
保険の見直しの際の主な失敗の要因は以下の通りです。

  • 内容確認の仕方がわからない
  • 思ったよりも時間がかかる
  • 加入中の保険が自分に合っていないことがわかったが、どのように変えればいいかわからない

上記のような失敗をしないためには以下の手順で確認を行うことが重要です。

まずは、準備として現在加入している保険の証券や年1回保険会社から送られてくる保障内容のお知らせ等を手元に準備しましょう。

次に、その中に記載されている保障内容を「死亡時の保障」「入院・手術の保障」「がん・三大疾病の保障」等のカテゴリーに分けて、それぞれどのような時にいくら保障が受取れるかを書き出します。

そして最後に、書き出した自分の保障内容を見ながら、「遺された家族が暮らしていくには十分か」、「病気になった際の治療費は十分か」等の想定した備えを考慮して、現在加入中の保険が自分に合っているかどうかを判断していきます。

このようにひとつずつ整理しながら保険の見直しをすることで失敗する可能性は低くなるでしょう。

加入中の保険の内容が自分に合っていないと感じた、またはよくわらかなかった場合

保険を見直した結果、現在の状況に合っていない場合は、保険の変更を検討してもよいでしょう。自分に合った保険を探すためには、インターネット等の情報源を活用したり、保険の専門家に相談したりすることができます。

また、保険の見直しをしてみたもののよくわからなかったという場合は、保険の専門家等と一緒に確認するとよいでしょう。

ほけんの窓口では、加入中の保険の内容が現在の自分の状況と合っているかの確認だけでも無料で利用できます。確認の結果、現在の保険に過不足がない場合は、そのままの保険の継続をおすすめしますのでご安心ください。お気軽にご相談ください。