保険の無料相談や見直し・比較|ほけんの窓口【公式】


一時払い終身保険とは?支払い方法やメリット・デメリットを解説

    最終更新日:

    終身保険には、月払や年払の保険商品に加え、契約時にまとめて1回で全額を支払う一時払い保険商品もあります。一時払い終身保険には、相続に活用できる、月払や年払より払込総額が割安になるといったメリットがありますが、デメリットもあるので、両方を把握した上で保険商品を選ぶことが大切です。

    ここでは、一時払い終身保険のメリット・デメリット、全期前納払いとの違い等について解説します。

    一時払い終身保険は保険料を1回で支払う終身保険

    一時払い終身保険は、終身保険の種類のひとつで、保険料をまとめて1回で支払う終身保険です。終身保険は死亡保険の一種で、保障が一生涯にわたって続き、被保険者が亡くなった場合は遺族に死亡保険金が支払われる保険商品です。また、保険会社所定の高度障害状態になった場合は、受取人に高度障害保険金が支払われます。

    保険料の払込み方法には、月払や年払で払込むタイプの他に、契約時に1回で支払う一時払いがあり、一般的に同じ保険会社・保険金額・保障内容なら、払込保険料の総額は、一時払い終身保険のほうが、月払や年払に比べて割安です。また、一時払い終身保険は、月払や年払と比較すると、一般的に解約返戻金が払込保険料の総額を上回るまでの期間が短くなります。なお、一時払い終身保険には月払や年払の終身保険と同様に、円建てのみでなく、外貨建ての保険商品もあります。

    一時払い終身保険のメリット

    一時払い終身保険に加入することで、契約者やその家族には、万が一際の保障に加え、さまざまなメリットがあります。ここでは、4つのメリットについて解説します。

    相続に活用できる

    一時払い終身保険のメリットとして、相続に活用できる点が挙げられます。終身保険では、死亡保険金の受取人を指名できるため、受取人を決めて一時払いで保険料を払込んでおけば、自分が死亡した際に、受取人に確実に意図した金額を渡すことができます。一般的に死亡保険金は、受取人が請求すれば5営業日程度で支払われるため、葬儀等の資金にあてることも可能です。

    なお、死亡保険金は相続税の課税対象ですが、「500万円×法定相続人の数」までの金額は非課税となります。

    月払や年払よりも払込保険料の総額が割安になる

    月払や年払よりも払込保険料の総額が割安になることも、一時払い終身保険のメリットのひとつです。一般的に一時払い終身保険は、同じ保険会社・保険金額・保障内容なら、月払や年払に比べて払込保険料の総額が割安になります。また、多くの一時払い終身保険では、払込保険料の総額よりも保険金額が大きく設定されています。

    毎月・毎年の保険料の支払いがない

    毎月・毎年の保険料の支払いがない点も、一時払い終身保険のメリットに挙げられます。保険料をまとめて1回で支払うため、毎月・毎年の支払いがありません。そのため、支払い時にはまとまった金額が必要ですが、その後は保険料が毎月の家計の負担になることはありません。終身保険を検討していて、まとまった資金がある場合は、一時払い終身保険を検討するのもひとつの方法でしょう。

    解約返戻金が払込保険料の総額を上回るまでの期間が短い

    解約返戻金が払込保険料の総額を上回る期間が短いという点も、一時払い終身保険のメリットといえるでしょう。保険会社では、保険料の支払いのために保険料の一部を運用し、資金を準備します。一時払い終身保険は月払や年払の終身保険と比べ、まとまった資金を長期で運用できるため、一般的に解約返戻金の額が払込保険料の総額を上回るまでの期間が短くなります。

    一時払い終身保険のデメリット

    一時払い終身保険にはメリットがある一方で、デメリットもあります。ここでは、3つのデメリットについて解説します。

    まとまった資金を用意する必要がある

    一時払い終身保険のデメリットとして、まとまった資金を用意する必要がある点が挙げられます。保険料は保険金等に応じて決まりますが、多くの場合、最低保険料は100万円から300万円に設定されています。

    生命保険料控除が1回しか受けられない

    生命保険料控除が1回しか受けられない点も、一時払い終身保険のデメリットといえるでしょう。死亡保険の保険料として払込んだ金額は、所得税・住民税の計算の際に生命保険料控除が受けられます。控除額は払込んだ金額の総額に応じて決まり、所得税で最大4万円、住民税で最大2万8,000円です。

    月払や年払の場合、毎年その1年間に支払った保険料の総額に応じた生命保険料控除を受けられますが、一時払いは契約時に払込保険料まとめて1回で支払うため、生命保険料控除は1回しか受けられません。

    すぐに解約すると解約返戻金が少なくなる

    一時払い終身保険に限らず、終身保険はすぐに解約をすると解約返戻金が少なくなる点もデメリットのひとつです。一般的に一時払いに限らず、終身保険は契約後すぐに解約すると、払込保険料の総額よりも解約返戻金の額が少なくなるよう設定されています。他にまとまった資金が必要となる予定がないか確認した上で、加入を検討しましょう。

    一時払いと全期前納払いの違い

    一時払いと混同されやすい保険料の支払い方に、全期前納払いがあります。全期前納払いは、払込保険料の総額分のお金をまとめて保険会社に預け、そこから月や年ごとに保険料を支払う方法です。この場合、契約期間中、手元の資金は変わらないものの、実際には毎月や毎年、保険料を支払っているため、支払った保険料額に応じて毎年、生命保険料控除が適用されます。なお、一般的に全期前納払いよりも一時払いのほうが保険料は割安です。

    自分に合った支払い方法の保険商品を検討しよう

    終身保険は月払や年払の他、一時払いの保険商品も選べます。一時払い終身保険は、月払や年払に比べて払込む保険料の総額が割安で、毎月・毎年の保険料の支払いがない等のメリットがあります。一方で、生命保険料控除が1回しか受けられなかったり、まとまった資金を用意する必要があったりするといったデメリットもあるので、よく比較・検討してから、自身に合った保険商品を選ぶことが重要です。

    「ほけんの窓口」では、保険のプランに関する質問や見積もり等が、何度でも無料で相談できます。自分に合った支払い方法の終身保険を検討したい場合は、ぜひ「ほけんの窓口」へご相談ください。

    監修者プロフィール

    黒川 一美

    黒川 一美

    日本FP協会 AFP認定者/2級ファイナンシャル・プランニング技能士

    大学院修了後、IT企業や通信事業者のセールスエンジニア兼企画職として働く。出産を機に退職し、自分に合ったお金との向き合い方を見つけるため、FP資格を取得。現在は3人の子育てをしながら、多角的な視点からアドバイスができるFPを目指して活動中。FPサテライト株式会社別窓で開きます。所属FP。

    新着記事

      無料で相談 ご相談・お問い合わせ

      ※取扱保険会社・保険商品は店舗により異なります。
      カスタマーセンターへのお問い合わせ
      通話料無料 0120-605-804(平日 9:00~19:00 / 土日祝 9:00~17:30)

      最近ご覧になった店舗