がん保険を選ぶならほけんの窓口

ほけんの窓口が選ばれる3つの理由

理由その1

全国にテレビCMを放映中

ほけんの窓口は、全国規模でテレビCMを放映しており、一度はご覧になったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

全国600店舗以上展開し、北は北海道、南は沖縄まで全国のほけんの窓口で無料相談を行っております。

理由その2

年間相談実績120万件

ほけんの窓口では、全国の多くのお客さまよりご相談を承っており、年間で120万件の無料相談をご利用いただいています。

また、「親切に対応してもらえて良かった!」という嬉しいお声を多くいただいています。

理由その3

複数社の保険を比較・検討

お客さまの状況に合ったより良い保険選びをひとつの窓口で行えるよう、複数社の保険商品を取扱っています。

幅広い選択肢の中から、お客さまのご要望や条件に合う商品を組み合わせた保険プランをお選びいただけます。

※取扱い保険会社・保険商品は店舗により異なります。

何度でも相談無料

お近くのほけんの窓口を探す

こんな方には特におすすめ

保険に入りたいけど、どんな保険が自分に合っているかわからない。

"保険に入りたいと思っているけど、どんな保障が自分に必要かわからない"

ほけんの窓口では、まずお客さまのライフプランや保険に対する疑問等をおうかがいし、今後どれくらいの保障が必要になるかシミュレーション(算出)します。

その結果を元に、複数社の保険商品からお客さまに合ったプランをご提案いたします。すでに加入中の保険があれば一緒に内容を確認していき、保障の過不足がなければそのまま継続することをおすすめいたします。

一方で過不足が見つかった場合は、新たにそれぞれのお客さまに合ったプランをご提案いたします。

保険の資料を一括請求してみたけど、
自分ひとりでは難しくてよくわからない。

"インターネットで、保険の資料を一括で請求し、各保険会社の資料やパンフレットを読んでみたけど、迷ってしまった"

ほけんの窓口なら、各社の保険に精通した専門家が各保険会社・保険商品の違いや特色をわかりやすくご説明いたしますので、複数社の保険商品の中からご自分に合ったものが見つかります。

すすめられている保険があるけど、どの保障が必要なのか、選び方がわからない。

"現在すすめられている保険があるけど、提案内容やプランが自分に本当にあっているのかわからない"

ほけんの窓口では、複数社の保険商品を比較しながら、各社の保険商品に精通した専門家がそれぞれのお客さまに合ったプランをご提案いたします。

また、〝医療保険はA社、がん保険はB社“のように、複数社の商品を組み合わせたプランを設計することも可能です。

予約・無料相談の流れ

STEP1

お近くのほけんの窓口に無料相談予約

お近くのほけんの窓口に、インターネットまたは電話で無料相談の予約をしましょう。ご来店前にご予約いただくことで、お待たせすることなく、ご相談いただくことができます。

STEP2

個別スペースでコンサルティング

お客さまの将来のご希望やご意向をうかがい、保険の疑問・不安な点を整理します。
保険の仕組みや選び方など基本的なところからご説明いたしますので、保険の知識に自信がない方も安心です。また、既に保険に加入中の方は、一緒に保障内容を確認していきます。(加入中の保険証券をお持ちいただくとスムーズです。)

STEP3

ライフプランをもとに、必要な保障額を算出

家族構成や職業等、うかがったお話をもとに、今後どれくらいの保障が必要か算出いたします。図やグラフを使用してわかりやすくシミュレーションするので、自分の必要保障額が一目瞭然です。

STEP4

ライフプランに必要な保障を複数社の保険商品からご提案

お客さまのご要望に沿った保険を、複数社の保険商品から選び出し、何パターンかのプランをご提案します。(無理な勧誘は一切いたしません。) 一度ご自宅に持ち帰ってご検討いただき、ご納得がいくまでご来店・ご相談が可能です。ほけんの窓口では加入手続きも受け付けております。

何度でも相談無料

お近くのほけんの窓口を探す

お客さまの声

自分に合ったがん保険に加入できてよかった

思っていたより気軽に相談でき、なおかつ親身になって一緒に考えてくださる点が印象的でした。

自分の年代であれば、どの保険が合っているのか、この保障は必要なのか、別のものでカバーできるのか等、保障プランはオーダーメイド。無理をせず、納得のいく保険に入れたので満足しています。必要な保障に合わせて自分に合ったがん保険に加入できたのでありがたかったです。

また、わからないところを二回、三回と何度でも教えてくださったので、充分理解した上で保険に加入できました。

もっと早く相談すればよかった

元々は主人だけ保険に加入していましたが、結婚生活も落ち着いてきた頃、このままの保険で本当に良いのかと不安に思ったのに加え、この先子どもができた時のことなどを考え、思い切って「ほけんの窓口」に相談に行こうということになりました。

保険について何もわからない状態でお店へうかがったので説明を理解できるのか不安でしたが、担当の方がすごく丁寧に教えてくださいました。

私たちの考えに一番近い保険を紹介していただき、同じがん保険でも何故こちらの保険をおすすめするのか等も詳しく説明してくださいました。

おかげで全て納得した保険を選ぶことができました。もっと早く相談すれば良かったと思っています。

満足のいく保険に加入することができました

父の病気をきっかけに、がん保険の加入を検討していました。

自分で保険の資料を取り寄せたりしましたが、悩んでしまい、思い切って「ほけんの窓口」へ相談にうかがいました。「ほけんの窓口」では、とても丁寧に説明していただき、とても満足のいく保険に加入することができました。

また、小さな子ども連れでうかがったのですが、とても清潔なキッズコーナーがあり、女性のスタッフの方が子どものお世話をしてくださったので、私もゆっくり話が聞けましたし、子どもも楽しそうでした。

お客さまの声をもっと見る

何度でも相談無料

お近くのほけんの窓口を探す

よくある質問

なぜ、相談が無料なのですか?

保険代理店である当社は、保険会社からの契約手数料を収益として成り立っている為です。

保険について知識がなくても、大丈夫ですか?

大丈夫です!保険の専門家がお客さまのライフプランをうかがい、それぞれのお客さまに合った保険をご提案いたしますので、是非ご来店ください。

保険に加入しなくても相談していいのですか?

もちろんです。遠慮なく、お気軽にご相談ください。ご要望がございましたら、お客さまのライフプランに合った保険のご提案をさせていただきますので、ぜひご来店ください。

保険を無理にすすめられたりしませんか?

「保険には未加入。相談したいけど、勧誘されるのでは・・・」という心配は必要ございません。ご自身やご家族の不安を解消する保障を必要と感じた時にご加入いただければ結構です。

よくある質問をもっと見る

がん保険とは?

がんと診断されたときやがんで入院・手術をしたとき等に、給付金が受取れるがんの保障に特化した保険です。

がん保険と医療保険の違いは?

民間の医療保険はさまざまな病気やケガで入院や手術をした場合に入院給付金や手術給付金が受取れますが、がん保険はがんで入院や手術をした場合に、入院給付金や手術給付金が受取れます。一般的な医療保険と異なり、がんと診断されたときにがん診断給付金が受取れたり、抗がん剤治療や放射線治療を対象に受取れる給付金があります。また、がんで入院した場合、入院給付金の支払限度日数が無制限であること等、がんの保障に特化しているのが特徴です。

がん保険の免責期間について

がん保険は、既にがんを発症している方ががん保険に加入することを防ぎ、公平性を保つため、契約日から90日(または3ケ月)は、がんと診断されても保障が適用されない免責期間が設定されていますので注意が必要です。(免責期間は、保険会社によって異なります。)

がん保険の必要性

がん治療の保障に特化した保険が必要になる理由についてご説明いたします。

日本人の死亡原因の第1位はがん(悪性新生物)

日本人の死亡原因の第1位はがん(悪性新生物)※1であり、近年メディア等でも取り上げられることが多いため、現在がん保険のニーズは高く、日本人の約38%ががん保険(がん特約を含む)に加入※2しています。

※1 資料:厚生労働省「平成28年(2016)人口動態統計(確定数)の概況」(PDF)を基に作成
※2 資料:公益財団法人 生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査《速報版》」ガン保険・ガン特約の加入率

がんに手厚い保障内容

がん保険の保障内容は、がんに罹患した方が治療に専念できるよう、一般的な医療保険にはない保障が用意されています。
例えば、がん診断給付金は、がんと診断されたときに給付金を受取れる保障です。また、がん治療のために入退院を繰り返す場合や退院後も通院による治療が必要となる場合があるため、それらを保障する抗がん剤治療給付金や放射線治療給付金等も用意されています。

治療の長期化に備える

がんになると、治療を続けながら生活することで、医療費を負担する他、仕事の勤務時間や形態の変更が必要となり収入が減少してしまう等のリスクが考えられます。そのため、肉体的なダメージに加え、精神的にも大きな不安を感じることになります。このときに、経済的な負担を減らすことで、治療と向き合う手助けをするのが、がん保険の役割なのです。

何度でも相談無料

お近くのほけんの窓口を探す

がん保険の選び方

がん保険には一般的に複数の保障が用意されているため、それぞれの保障額(給付金額)を考えながらがん保険を選んでいく必要があります。

がん保険を選ぶポイント

がん診断給付金
がん診断給付金とは、がんと診断されたときに給付金や一時金を受取れる保障です。診断給付金には、初回の診断時のみ受取れる商品と、再発や転移等一定の条件のもと複数回受取れる商品があります。
がん入院給付金
がん入院給付金とは、がんで入院したときに、入院日数に応じた給付金を受取れる保障です。がんの治療は入院が長期化する可能性があることから、民間の医療保険と異なり、給付対象となる入院日数は無制限の商品が一般的です。
がん手術給付金
がん手術給付金とは、がんの手術をしたときに給付金を受取れる保障です。がんは手術を伴う治療をする可能性が高い病気のため、金額や受取れる回数についても確認しましょう。
がん通院給付金
がん通院給付金とは、がん治療を目的に入院をし、退院後も通院により治療する場合や、入院をせずに手術や放射線治療、抗がん剤治療等による通院をした場合に給付金を受取れる保障です。
抗がん剤治療給付金
がんの治療を目的として保険会社所定の抗がん剤治療を受けたときに給付金を受取れる保障です。
放射線治療給付金
がんの治療を目的として保険会社所定の放射線治療を受けたときに給付金を受取れる保障です。

がん保険の種類

がん保険は、がん治療の保障に特化した保険ですが、保険期間と保障内容によって種類が分かれます。

保険期間別の種類

がん保険は保険期間で分類すると、定期タイプのがん保険と終身タイプのがん保険の2つに分かれます。

定期タイプのがん保険
定期タイプのがん保険は、一定期間を保障するため、定期的に更新または再契約を検討することが必要となります。更新時には年齢に合わせて保険料が再計算されるため保険料が上がります。
がんの治療が年々進歩していることに伴って、がん保険も新しい保障を備えた商品が発売されています。そのため、更新時には新しい保険へ切り替えることも選択肢のひとつかもしれません。
終身タイプのがん保険
終身タイプのがん保険は、がんの保障が一生涯続くため、同じ年齢で加入した場合の定期タイプのがん保険に比べると保険料は高くなりますが、更新時に保険料が上がる定期タイプのがん保険と違い、保険料は契約を変更しない限り変わることはありません。
終身タイプのがん保険の場合、保険料の払込みが終了する年齢が定まっているタイプと、一生涯払い続ける終身払いタイプがあります。

保障内容別の種類

定額給付型のがん保険
がん入院給付金やがん診断給付金、がん手術給付金等、それぞれの給付条件に応じて一定額の給付金を受取れるがん保険であり、生命保険会社の一般的ながん保険です。
実損補償型(実損てん補型)のがん保険
がん治療に実際にかかった費用の実額を受取れるがん保険です。主に損害保険会社から販売されているがん保険で取り入れられている補償です。

がん保険といってもさまざまな種類があり、ご家庭によって必要となる保障は異なります。
「がん保険への加入を考えているけれどよくわからない。」「医療保険に入っているけれどがん保険は必要?」「過去にがんを経験したことがあっても申込みしやすいがん保険はあるの?」等、がん保険に関する疑問や不安は「ほけんの窓口」へご相談ください。