保険って何?

保険って何?

普段生活している中にはさまざまなリスクがひそんでいます。病気になったり、交通事故にあったり、火災や地震といった自然災害にあったり、そのリスクは多岐にわたります。どんな人でも、それらのリスクを完全に避けることはできません。
保険とは、そういったリスクに備え、みんなでお金を出し合い万が一の事態に備える制度です。それぞれが負担することにより、万が一の際に個人にかかる負担を軽くすることができます。
保険には、社会保険制度の一環として国が運営する公的保険と、民間会社が運営する民間の保険があります。日本では原則国民全員が公的保険に強制加入であり、更に任意で民間の保険に加入することができます。
今日ではさまざまな保険商品が販売されており、保険の加入を希望している方は自分に合った保険を選ぶことができるでしょう。

 

保険の仕組み

事故や自然災害、病気、ケガ、死亡、物や人などを傷つけてしまった際の賠償責任など、生活の中で発生するリスクは多岐にわたります。そうして発生した損害や賠償などを、1人で解決するのは大きな負担となります。そんなときに、たくさんの人が集まってお金を出し合い、助けを得られれば経済的負担を軽くすることができます。そうした相互扶助の考えのもとで作られた制度が、保険制度なのです。
民間の保険契約は、保険会社などと保険契約を交わし、保険料を支払うことによって成立します。事故・災害、病気やケガでの入院など発生すると、保険金・給付金を受け取ることができます。商品によっては保険の契約期間が満了になると、あらかじめ決められた契約内容にもとづき保険会社から満期保険金を受け取ることができます。
民間の保険会社などでは、公平な危険負担を原則として保険料が設定されており、被保険者(保険対象者)・保険期間・保険金・年齢・性別・リスク等で大きく保険料負担が異なります。  

保険の対象

今日ではさまざまなリスクに対して保険商品が用意されています。保険の加入を希望されている方は、その中から自分に合った保障内容を選ぶことができるでしょう。

第一分野保険

「年金保険」や「死亡保険」など人の生存又は死亡に関して保険金を受け取ることができます。生命保険会社が引き受けを行うこととなっています。

第二分野保険

「火災保険」や「自動車保険」など偶然事故により生じる損害をカバーするための保険です。損害保険会社が引き受けを行うこととなっています。

第三分野保険

「医療保険」「介護保険」「がん保険」などの、人が疾病や傷害で入院・手術などの治療を受けたことやそれらが原因で介護状態になった場合など支払事由に該当した時に給付金を受け取ることができる保険は、第一分野や第二分野の中間に位置することから、第三分野の保険と言われています。第三分野の保険商品は生命保険会社、損害保険会社の双方が扱うことができるものとされており、近年急速に契約量が増えています。

まとめ

人は相互扶助の精神において助け合いをしてきました。みんなでお金を出し合い、いざというときの個人にかかる経済的リスクを軽くするというのが保険制度の原則です。
現代では生命保険、損害保険、医療保険などのリスクをカバーする保険商品があります。人はさまざまなリスクに備えて、ライフステージやライフプランに適した保険を選択することができます。

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野