自動車保険の更新時期だけどちょっと見比べてみようかな

自動車保険に申込みする際には、補償内容・保険料を比較して選びましょう

自動車を運転していると、どんなに安全運転を心がけていても、事故を起こしてしまう可能性はゼロではありませんし、他人の事故に巻き込まれることもあります。自動車を運転するということは、常に事故の危険と隣り合わせであるため、自動車を運転する人にとって保険への加入は欠かせません。
すべての自動車(原動機付き自転車を含みます)に「自賠責保険」という保険(自動車損害賠償保障法といいます)の加入が法律によって義務付けられています。これは強制保険とも言われています。しかし、自賠責保険は、事故の被害者側に対する基本的な対人賠償です。
そのため、自分自身のケガや車の修理にかかる費用は補償の範囲外となります。
そこで、多くの方は事故のときに自分自身のケガや車の修理費用への備えとして「任意保険」に加入しています。しかし、任意の自動車保険はさまざまな保険会社から商品が販売されているため、どの商品に申込みをすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
それぞれの自動車保険の補償内容を確認し、自分のニーズに合った自動車保険を選ぶことをおすすめします。また保険ショップなどでも自動車保険の取り扱いを行っていますのでお近くの保険ショップなどに相談してみるのもいいでしょう。

自動車保険で受けられる補償

多くの保険商品を比較し、自分のニーズに合った自動車保険を選ぶためには「自分に合った補償内容を理解しておく」ということが大切です。 任意の自動車保険には、大きく分けて以下の5つの補償があるといえます。

  • 他人を死傷させて自賠責保険のお支払限度額を超えた部分の損害について支払われる「対人賠償責任保険」
  • 他人の自動車や物に損害を与えた場合に補償が受けられる「対物損害賠償責任保険」
  • 乗車中の人が死傷した場合や契約以外の自動車に乗車中や歩行中・自転車乗車中の事故で死傷した場合に補償が受けられる「人身傷害保険」
  • 乗車中の人が死傷した場合に補償が受けられる「搭乗者傷害保険」
  • 事故や盗難、いたずらなどによって契約している自動車が壊れた場合に保障が受けられる「車両保険」

保険料はさまざまな条件によって異なります

自動車保険の保険料は、保険金額、免責金額、年令条件、運転者限定条件、等級・事故有係数適用期間、車種、使用目的、走行距離などによっても異なります。

きちんと見積もりを作成してもらうことで、自分のニーズに合った保険を見つけることができますし、支払うべき保険料を確認することができるでしょう。自動車保険に限らず保険に申込みする際には、見積もりを依頼し、見積もりと補償内容を比較した上、選ぶことをおすすめします。

(2015年6月)A15-100986

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野