家を買おうと思っているけど火災保険ってどこも一緒?

火災保険も各社補償内容を検討しましょう

火災保険は、火災などのトラブルや災害によるマイホームの損害を補償するための保険です。
マイホームの購入時に、住宅ローンの契約と火災保険の契約がセットになっている場合もありますので、補償内容を十分に理解しないまま申込みしてしまった方もいるかもしれません。
ですが、補償のニーズはマイホームの価格や家財価格によって異なります。そのため、さまざまな補償プランを比較検討して、自分のニーズに合った火災保険を選ぶことが大切です。

補償内容は保険によって異なる

一般的には火災保険といわれていますが、補償されるのは火災による損害だけではありません。一般的な火災保険には、火災のほか、落雷、風災、ひょう災、雪災による損害への補償がセットされています。
また、近年販売されている火災保険商品には、空き巣による盗難被害を補償するものもあります。
そこで、マイホームに対して最小限の補償が受けられる「住宅火災保険」(注)、マイホームの全般的な補償が受けられる「住宅総合保険」(注)、住宅総合保険の内容がより充実した「新住宅総合保険」(注)というように、補償の範囲によって大きく3つの種類に分けられています。
火災保険に申込みする際には、マイホームにどのような補償が必要なのかを検討してみてはいかがでしょうか。
(注)保険会社により名称や補償内容は異なります

マイホームの評価方法によって、もらえる金額が変わる

火災保険では、建物の価値が評価され、それに見合った額の保険金を受け取ることができます。
建物の価値については、「時価」と「再調達価額(新価)」という2つの考え方があります。時価とは、今そのときのものの価格です。マイホームの場合、建ててからの年数が経過するにつれ、時価は下がることになります。そのため、時価をもとに保険金が決まる場合、火災で燃えてしまったマイホームを建て直す費用を全額カバーすることはできない可能性が高いのです。
一方、再調達価額(新価)は、同じものを今新しく再取得するために必要な価格です。そのため、再調達価額をもとに保険金が決まる場合、マイホームを建て直すために必要な金額を受け取ることができます。
「時価」と「再調達価額」。どちらをもとに保険金の額が決まるかは火災保険によって異なるので、事前によく確認することが大切です。

(2015年6月)A15-100986

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野