シニア世代。これからの保険をどう考えたらいいのだろう。

医療保険だけじゃない。シニア世代におすすめの保険

一般的に、シニア世代は子供の就職やお仕事の定年退職を境目に訪れます。
子供が独立して時間に余裕ができると、ゴルフやサイクリングなどの趣味に打ち込んだり、旅行にでかけたり、自分のやりたいことをする余裕が生まれます。しかし、趣味に時間をかけたり、旅行にでかける機会が多くなったりすると、その分、運転中の事故やスポーツ中のケガなどのリスクも高まるのではないでしょうか。事故やケガによる経済的な負担に備えるためには、保険のような補償に加入しておくことが大切でしょう。ここでは充実したシニアライフをサポートする保険商品をご紹介します。

シニアライフのための保険商品

ゴルフやサイクリングを趣味にされている方は、「ゴルフ保険」と「自転車保険」への加入を検討してみてはいかがでしょうか。ゴルフやサイクリングなどのアクティブな趣味には、思わぬ事故により他人にケガを負わせてしまったり、器物を破損させてしまったりする可能性があります。万が一に備えて、ご本人のケガによる損失への補償にプラスして、他人への賠償責任を補償する商品への加入を検討してみてはいかがでしょうか。また、旅行が多い方のために「海外旅行保険」と「国内旅行保険」が用意されています。これらの旅行保険は、飛行機が遅延して実費でホテルに泊まったり、カメラを落として壊してしまったり、現地でケガを負ってしまったりと、旅行中に起こりうるリスクを幅広くカバーする補償内容となっています。

自動車保険の見直しも忘れないように

新しいライフステージに進むと、ご自身やご家族の状況にも変化があります。お子様が車に乗るようになったり、ご実家を離れたりすると「自動車保険」の補償内容を確認することが大切です。ご加入中の自動車保険の補償内容を確認する時に、各保険会社が用意する自動車保険の補償内容を比較することで、子供が事故を起こすという新しいリスクに備えることができます。今後の生活での自動車の使い方をシミュレーションして、あなたに合った自動車保険を探してみましょう。
また、新しいライフステージに安心して踏み出すために「医療保険」や「傷害保険」について、改めて見直しておくことも大切です。病気やケガによる経済的な負担に備えることで、安心してさまざまなことに挑戦することができるでしょう。こういった保険をまとめて見直しする際に、保険ショップなどで相談してみるのはいかがでしょか。保険ショップなどでは様々な保険のお取り扱いがありますのでまとめて相談すること可能です。

(2015年6月)A15-100986

生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野
生命保険分野

*医療保険、がん保険には損害保険会社の商品も含まれています。

損害保険分野