生命保険の必要性

「病気で明日から入院が必要になった」「事故にあってしまった」そんな場合、現在の生活スタイルを維持できるでしょうか?

生命保険の目的と役割

例えば、病気やケガで入院した場合、お客さまによっては仕事ができなくなって収入が減少したり、家事や育児ができなくなって家事代行サービスを利用するかもしれません。しかし、給付金を受取ることができれば、経済的な心配をすることなく病気やケガの治療に専念することができます。 また、世帯主に万が一のことがあった場合、世帯の収入は減少しますが、遺された家族は生命保険の保険金を受取ることによって、生活を維持していくことができます。
このように生命保険に加入していれば、病気やケガでの入院や万が一のことがあった場合の経済的な負担を軽くすることがきます。
実際に、生命保険に加入している方の加入の目的のうち、「ケガや病気になった際の医療費のため」と答えた方が約51%、次に「万が一死亡したときのため」と答えた方が約25%※と、日常や将来起こり得るリスクに備えたいと考えている方が多いことがわかります。
生命保険に加入することで、日々の暮らしを安心して送るための保障を準備することができるのです。

※ 資料:公益財団法人 生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査(平成28年12月発行)」直近加入契約の加入目的

加入・見直しのタイミング

加入するタイミング

結婚、お子さまの誕生(妊娠・出産)、住宅購入、就職等をきっかけ※に、多くのお客さまが生命保険の新規加入や保障内容の見直しにご来店されています。 ライフスタイルや家族形態、環境が変わると、生命保険で準備すべき保障内容も変化するので、ライフステージの転換期を生命保険の加入・見直しをするタイミングの目安とするとよいでしょう。

ご来店のきっかけ

近くの店舗を見る