医療保険の種類

医療保険は、保険期間と保障内容によりいろいろな種類があります。

保険期間別の種類

医療保険は保険期間で分類すると、定期タイプと終身タイプの2つに分かれます。

  • 定期タイプの医療保険

    契約による保障が10年や15年等の一定期間に定められています。一定期間保障を手厚くしたい場合等、ライフステージや経済状況に合わせた内容に定期的に見直しをすることができます。
    また、一般的に更新時の健康状態にかかわらず更新は可能ですが、更新する度に保険料が再計算され上がっていく点が特徴です。

  • 終身タイプの医療保険

    契約時の保障が一生涯続き、契約内容を変更しない限り、保険料は契約時のままずっと変わらない点が特徴です。また、更新毎に保険料が段階的に上がる定期タイプに比べて、終身タイプの医療保険は加入時の保険料は高めに設定されています。
    終身タイプの医療保険の保険料の払込期間は、終身払いと有期払い(払込みが終了する時期が決まっているタイプ)があり、終身払いの方が月々の保険料は低めに設定されています。

保障内容別の種類

  • 医療保険

    一般的な医療保険は入院と手術の保障で構成されています。保険会社によって、これらの基本的な保障に加えて、複数の保障が設定されている場合があります。また、特約を付加することで、保障をより手厚くすることも可能です。

  • 女性向けの医療保険

    一般的な医療保険よりも女性特有の疾病や病気による入院・手術を手厚く保障している保険です。妊娠時の帝王切開、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)をはじめ、乳がんや子宮がん、卵巣がん等、女性特有の病気で入院した場合に、入院給付金等が上乗せされます。

  • 引受基準緩和型(限定告知型)・無選択型の医療保険

    引受基準緩和型の医療保険は、持病がある方や過去に病歴がある方等、健康に不安がある方に向けて、加入する条件(引受条件)を緩和することで保険に加入しやすくしている商品です。一般的な医療保険に比べると保険料が割高に設定されています。
    無選択型の医療保険は、健康状態に関係なく(告知なしで)加入することができる医療保険です。引受基準緩和型の医療保険の加入が難しい方でも加入しやすい点が特徴です。
    しかし、どちらのタイプの医療保険も保険料が割高に設定されているため、健康状態に不安がある場合でも、まずは一般的な医療保険を確認してから、引受基準緩和型や無選択型の医療保険を検討するとよいでしょう。

近くの店舗を見る