医療保険とは?

医療保険は、民間の保険会社が定めた病気やケガで入院した場合の医療費等に備えるための保険です。
保障内容によっては、手術や通院、診断等でも給付金を受取ることができる医療保険もあります。
医療保険を検討する際には、まず公的医療保険制度の内容を確認し、保障が足りていない部分や不安な部分を民間の医療保険で準備するとよいでしょう。

公的医療保険とは?

日本では原則、すべての方が国民健康保険等の社会保険に加入しています。そのため、病院やクリニック等の医療機関で保険証を提示することで医療費の自己負担額が1~3割となるのです。(自己負担額の割合は、2018年4月現在の公的医療保険制度に基づくものであり、将来変更される場合があります。また、被保険者の年齢によって異なります。)
また、治療費の自己負担額が高額になった場合に、一定の金額を超えた分を支給する高額療養費制度も公的医療保険の保障として用意されています。

近くの店舗を見る