がん保険の必要性

がん治療の保障に特化した保険が必要になる理由についてご説明いたします。

日本人の死亡原因の第1位はがん(悪性新生物)

日本人の死亡原因の第1位はがん(悪性新生物)※1であり、近年メディア等でも取り上げられることが多いため、現在がん保険のニーズは高く、日本人の約38%ががん保険(がん特約を含む)に加入※2しています。

※1 資料:厚生労働省「平成28年(2016)人口動態統計(確定数)の概況」(PDF)を基に作成
※2 資料:公益財団法人 生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査《速報版》」ガン保険・ガン特約の加入率

がんに手厚い保障内容

がん保険の保障内容は、がんに罹患した方が治療に専念できるよう、一般的な医療保険にはない保障が用意されています。
例えば、がん診断給付金は、がんと診断されたときに給付金を受取れる保障です。また、がん治療のために入退院を繰り返す場合や退院後も通院による治療が必要となる場合があるため、それらを保障する抗がん剤治療給付金や放射線治療給付金等も用意されています。

治療の長期化に備える

がんになると、治療を続けながら生活することで、医療費を負担する他、仕事の勤務時間や形態の変更が必要となり収入が減少してしまう等のリスクが考えられます。そのため、肉体的なダメージに加え、精神的にも大きな不安を感じることになります。このときに、経済的な負担を減らすことで、治療と向き合う手助けをするのが、がん保険の役割なのです。

近くの店舗を見る