がん保険とは?

がんと診断されたときやがんで入院・手術をしたとき等に、給付金が受取れるがんの保障に特化した保険です。

がん保険と医療保険の違いは?

民間の医療保険はさまざまな病気やケガで入院や手術をした場合に入院給付金や手術給付金が受取れますが、がん保険はがんで入院や手術をした場合に、入院給付金や手術給付金が受取れます。一般的な医療保険と異なり、がんと診断されたときにがん診断給付金が受取れたり、抗がん剤治療や放射線治療を対象に受取れる給付金があります。また、がんで入院した場合、入院給付金の支払限度日数が無制限であること等、がんの保障に特化しているのが特徴です。

がん保険の免責期間について

がん保険の免責期間について

がん保険は、既にがんを発症している方ががん保険に加入することを防ぎ、公平性を保つため、契約日から90日(または3ケ月)は、がんと診断されても保障が適用されない免責期間が設定されていますので注意が必要です。(免責期間は、保険会社によって異なります。)

近くの店舗を見る