がん保険の必要性

がん治療の保障に特化した保険が必要になる理由についてご説明いたします。

日本人の死因第一位はがん(悪性新生物)

日本人の死因の第一位はがん(悪性新生物)で、全世代でみると、およそ30%(約3人に1人)が、がんで亡くなっています。これだけ多くの人ががんで亡くなっている今、がんは切り離すことのできない病気と言えるでしょう。

がんになる原因は諸説ありますが、がんで亡くなる人が増加傾向にあるのは、食生活や喫煙やストレス、運動不足等の生活習慣の変化による影響が大きいと言われています。

※1 厚生労働省「人口動態統計(確定数)の概況」/平成26年より

入院を繰り返したり、長期化した場合の不安

がんは、一度入院や手術で治療し退院したとしても、再発や転移が見つかり、入院を繰り返すことがあります。また、入院が長期化する場合や退院後も通院しながら治療を行う可能性も考えられます。

がんは、早期発見と医療技術の進歩によって、昔に比べて病状によっては治せる病気となってきています。しかし、治療を続けながら生活することで、医療費の負担や、治療のために仕事の勤務時間や形態の変更が必要となり収入が減少してしまう等のリスクが考えられます。

がんになると、肉体的なダメージに加え、精神的にも大きな不安を感じることとなります。この時に、経済的な負担を減らすことで、治療と向き合う手助けをするのが、がん保険の役割なのです。

がんの保障を手厚くする

がん保険の保障内容は、がんにかかった人が治療に専念できるよう、一般的な医療保険にはない保障が用意されています。

例えば、がん診断給付金は、がんと診断されたときに給付金を受取れる保障です。また、がんは治療のために入退院を繰り返す場合や退院後も通院による治療が必要となる場合もあるため、それらを保障する給付金も用意されています。(がん保険の保障内容は、商品によって異なります。)

保険の基礎知識

近くの店舗を見る