ほけんの窓口

生命保険の選び方

生命保険を選ぶ際に大切なことは、現在のライフステージや今後のライフプランを確認し、必要な保障を算出した上で、保険商品を選ぶことです。

1. ライフステージ・ライフプランを確認

ライフステージを確認

ライフステージとは、就職・結婚・出産・住宅購入・子どもの独立・退職等の人生の節目によって変化する生活段階をさします。

まずはじめに、現在、ご自身やご家族がどのライフステージにいるかを確認してみましょう。今後の人生や生活の設計(ライフプラン)についても確認しましょう。

ライフステージやライフプランによって、家族構成や経済状況は変化するため、保険を選ぶ前に、まずは現在の状況を把握することが大切です。

2. 必要保障額を算出

現在のライフステージとこれからのライフプランの確認ができたら、生命保険(主に死亡保険)で準備すべきお金の金額を算出します。

一般的には、世帯を支える方の収入がなくなってしまったときに、家族が生活していくために必要となる金額から残された家族の収入や貯金・公的保障等を差し引いた金額を、必要保障額の一つの目安とします。

3. 必要な保障をカバーできる商品を探す

必要保障額が算出できたら、保障を満たす商品を探しましょう。生命保険の商品を選ぶ上で確認する基本的な項目は下記の6つです。

  • 保障内容

    入院や死亡等、どんな時にどれだけ保障されるかを確認しましょう。また、保険種類によっては一定期間健康であった場合の祝い金や一時金等の保障も確認しましょう。

  • 保障額(保険金額)

    必要保障額を満たす保険金額が設定されているかどうか確認しましょう。

  • 保障期間

    どれだけの期間、保障を続けるかを確認しましょう。
    10年や15年、20年等あらかじめ保障期間が定められた定期保険と、一生涯保障期間が続く終身保険があります。

  • 保険料の払込期間

    保険料は、同じ保障額・保障期間の場合、払込期間が短いほど保険料が高くなり、長いほど保険料の負担が軽くなるのが一般的です。(保険料の払込総額は、払込期間の他、契約内容によって異なります。)

    保障期間が終身の場合、保険料の払込期間が60歳や65歳満了などの有期(短期払い)のタイプと、払込期間が終身のタイプがあります。

  • 保険料

    保障額・保障期間・保険料の払込期間によって、保険料は変わってきます。
    家計の収支のバランスをよく考えて保険料を確認しましょう。

  • 解約返戻金

    解約時に戻ってくるお金のことです。
    商品によっては解約返戻金を抑えたり(低解約返戻金型)、無くすこと(無解約返戻金型)で、保険料の負担を軽く設定している場合もあります。

    ※保険料払込期間によっては、解約返戻金が既払込保険料を下回ることもあります。

ご予約・お問い合わせはカスタマーセンターでも承ります

通話料無料0120-605-804

受付 9:00~17:30(土日・祝日も受付)

相続対策をお考えのお客さま

企業のお客さま

保険の専門家が貴法人にうかがい、約35社の保険商品から貴法人に合った保険をご提案いたします。ご相談は何度でも無料です。

ご来店が難しいお客さま

育児・介護等でご来店が難しいお客さまには、以下のサービスをご用意しております。

近くの店舗を見る