生命保険の保障内容

生命保険の保障内容は、大きく分けて「死亡保障」「医療保障」の2つです。それぞれの役割が異なるため、保障の内容を確認しましょう。

死亡保障

死亡保障とは、死亡時に死亡保険金を受取れる保障です。

例えば、家族の生活を支えている人が突然亡くなってしまったらどうしますか?
死亡保障を用意していない場合、世帯の収入が減少することで、家計の収支バランスが崩れてしまい、経済的な負担が大きくなってしまうケースがあります。

健康に暮らしていても、いつ病気や事故に合うかは誰にもわからず、また、誰においても起こり得る可能性があるため、万が一のときに備えるための保障が死亡保障です。

医療保障

医療保障とは、入院時や手術時に給付金を受取れる保障です。

病気やケガで入院・手術をすると、医療費がかかります。
日本は国民皆保険制度のため、原則すべての国民が健康保険に加入し、医療費の一部負担で治療を受けることができる制度が確立されています。

しかしながら、差額ベッド代や、入院時の生活費、先進医療費等、公的保険では保障できない費用があり、それらも含めた費用に備えるための保障が医療保障です。

ご予約・お問い合わせはカスタマーセンターでも承ります

通話料無料0120-605-804

受付 9:00~17:30(土日・祝日も受付)

相続対策をお考えのお客さま

企業のお客さま

保険の専門家が貴法人にうかがい、約35社の保険商品から貴法人に合った保険をご提案いたします。ご相談は何度でも無料です。

ご来店が難しいお客さま

育児・介護等でご来店が難しいお客さまには、以下のサービスをご用意しております。

近くの店舗を見る