生命保険の必要性

生命保険の目的や将来起こり得るリスクをシミュレーションしながら、生命保険の必要性について考えてみましょう。

生命保険の目的と役割

生命保険は、ご自身やご家族の病気やケガ、死亡等による経済的なリスクに備えるための保険です。

例えば、病気や事故等で入院してしまった場合には、給付金を受取ることで、経済的な心配なく病気やケガの治療に専念することができます。

また、世帯主の方に万が一のことがあったとき、世帯の収入が減少しますが、残された家族は生命保険の保険金を受取ることによって、生活の経済的な負担を少なくすることができます。

実際に生命保険に加入している方の加入の目的のうち、「医療費や入院費のため」と答えた方が約59%、次に「万一のときの家族の生活保障のため」と答えた方が約53%と、日常や将来起こり得るリスクに備えることを目的に加入していることがわかります。

このように、生命保険に加入することで、日々の暮らしを安心して送るための保障を準備することができるのです。

※ 生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査《速報版》」直近加入契約(民保)の加入目的/平成27年度より

加入するタイミング

加入するタイミング

生命保険の加入や保障内容の見直しのタイミングは、就職や結婚、お子さまの誕生(出産)、住宅の購入、退職等、ライフステージが変わる時が望ましいです。

ライフスタイルや家族形態、環境が変わると、生命保険で準備すべき保障内容も変わってくるので、ライフステージの転換期を生命保険の加入・見直しをするタイミングの目安とするといいでしょう。

ご来店のきっかけ

ご予約・お問い合わせはカスタマーセンターでも承ります

通話料無料0120-605-804

受付 9:00~17:30(土日・祝日も受付)

相続対策をお考えのお客さま

企業のお客さま

保険の専門家が貴法人にうかがい、約35社の保険商品から貴法人に合った保険をご提案いたします。ご相談は何度でも無料です。

ご来店が難しいお客さま

育児・介護等でご来店が難しいお客さまには、以下のサービスをご用意しております。