医療保険の選び方

医療保険は、病気やケガで入院や手術をした場合に、給付金が支払われる保険です。生きている間に起こり得る病気やケガのリスクを想定して、医療保険を選ぶことが必要となります。

医療保険を選ぶ時に確認すべき主なポイントは、「入院給付金日額」「保険期間」「保険料払込期間」「1入院の限度日数」「特約」の5つの項目となります。

医療保険を選ぶポイント

  • 入院給付金日額

    医療保険の基本となる保障で、給付金の給付対象となる入院をしたときに、入院1日当たりに給付金を受取れる保障です。

    入院給付金以外には、手術時に受取れる手術給付金や通院治療時に受取れる通院給付金等の保障もあります。

  • 保険期間

    保険期間とは契約による保障が続く期間のことで、保険期間内に生じた入院や手術に対して保険会社から給付金を受取れます。保険期間には、10年や15年など一定期間の保障を設定する定期プランと、一生涯の保障を設定する終身プランがあります。

  • 保険料払込期間

    定期プランの場合、10年や15年等の一定期間で更新し、更新時の保険料率と年齢で保険料が再計算され、以後所定の年齢まで更新可能なタイプと、60歳や65歳等で満了を迎え契約終了となるタイプがあります。

    終身プランの場合、保険料払込期間が60歳や65歳等で払い込みが終了するタイプと、終身にわたって払い込み続けるタイプがあります。

  • 1入院の限度日数

    1回の入院に対して保障の対象となる日数が定められており、最近では1回あたりの入院期間が短期化する傾向にあります。

    また、多くの医療保険では、通算支払限度日数が定められていて、入院の通算日数が定めらえている日数を超えてしまった場合、超えた分の入院給付金を受取れない仕組みとなっています。

  • 特約

    医療保険は、入院給付金と手術給付金が基本的な保障ですが、さまざまな特約が用意されているので、必要に応じて、保障を付加することが可能です。

    例えば、がん入院特約を付加することで、がん治療のために入院したときに入院給付金を受取れたり、先進医療特約を付加することで、先進医療に該当する治療を受けたときに給付金を受取れる等、保障内容を厚くすることができます。

ご予約・お問い合わせはカスタマーセンターでも承ります

通話料無料0120-605-804

受付 9:00~17:30(土日・祝日も受付)

相続対策をお考えのお客さま

企業のお客さま

保険の専門家が貴法人にうかがい、約35社の保険商品から貴法人に合った保険をご提案いたします。ご相談は何度でも無料です。

ご来店が難しいお客さま

育児・介護等でご来店が難しいお客さまには、以下のサービスをご用意しております。

近くの店舗を見る