ほけんの窓口

医療保険の必要性

公的医療保険でカバーできない費用と、入院時に治療費以外で必要になる費用や出費を考えて、医療保険の必要性を見極めましょう。

公的医療保険で保障されない費用

公的医療保険の保障対象外とされている下記費用は、原則自己負担となるため、医療保険で備える必要があります。

  • 差額ベッド代

    差額ベッド代は、大部屋で徴収されることはありませんが、個室や少人数部屋(2~4人)に入院した場合、1日当たり平均6,129円の差額ベッド代が必要となります。差額ベッド代は、各医療機関ごとに定めれていて、病院や入院期間によっては差額ベッド代が高額になる場合もあり、大部屋が空いていない場合や個室を希望する方にとって、重い負担となります。

    ※ 厚生労働省 中央社会保険医療協議会「主な選定療養に関わる報告状況」/平成26年7月1日現在

  • 先進医療の技術料

    先進医療とは、大学病院などで研究・開発された新しい治療法のうち、治療効果や安全性が確認され、将来的に公的医療保険の適用の可能性があるものとして厚生労働大臣が定めた医療技術をいいます。

    先進医療の技術料は公的医療保険の対象外であり、全額自己負担となりますので注意が必要で、場合によっては数百万円にのぼるケースもあります。

    先進医療の種類と対象医療施設は時間と共に変化していきます。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

  • 入院中の食事代、その他諸費用

    入院中に病院から提供される食事は平成28年2月現在、一般的に1食あたり通常260円(健康保険区分によって異なる)の自己負担となります。

    また、入院生活中には、パジャマなどの衣類、テレビ視聴のためのテレビカード等、治療費以外の費用が必要となります。家族のお見舞いのための交通費や外食にかかる費用等、普段の生活ではかからない思わぬ出費もあります。

仕事や家事・育児ができないことで出費が増えることも

入院をすると、原則、病院で一日を過ごすこととなるため、仕事や家事、育児・介護をすることは難しくなります。

そのため、これまで仕事をしていた方は入院が長引けば給料の減額や休職、家事や育児をしていた方はベビーシッターや家事代行を依頼する等、家計の収支が大きく変わる可能性もあります。

医療保険は、単に治療費だけを保障するために加入するのではなく、入院や手術に伴う家計の収支を想定して、必要性を判断することが大切です。

ご予約・お問い合わせはカスタマーセンターでも承ります

通話料無料0120-605-804

受付 9:00~17:30(土日・祝日も受付)

相続対策をお考えのお客さま

企業のお客さま

保険の専門家が貴法人にうかがい、約35社の保険商品から貴法人に合った保険をご提案いたします。ご相談は何度でも無料です。

ご来店が難しいお客さま

育児・介護等でご来店が難しいお客さまには、以下のサービスをご用意しております。

近くの店舗を見る